FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■生存権は全てに優先する。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


京都・祇園の事故 運転手「てんかん」治療…遺族ら署名提出

 京都・祇園で歩行者の列に車が突っ込んだ事故では、車を運転していて死亡した藤崎晋吾容疑者が、突然意識を失うてんかんの治療を受けていたことが家族の証言から判明した。栃木県で小学生6人が死亡した事故などでも問題化したてんかん患者による車の運転。事故の遺族は厳罰化などを求める署名を提出しているが、病気の差別につながる可能性もあり、対応は一筋縄ではいかなそうだ。

■「記憶がない」

 「(何かに)ぶつかったことは覚えている。人をはねたか覚えていない」

 栃木県鹿沼市の事故は昨年4月18日に発生。元運転手、柴田将人受刑者(27)=自動車運転過失致死罪で懲役7年の判決確定=がクレーン車を運転して工事現場に向かう国道で、小学生の列に突っ込み、9~11歳の6人が死亡した。クレーン車は時速約40キロ前後のスピードで児童をはね飛ばしていて、急ブレーキが踏まれた形跡は確認できなかったという。

 栃木県警の調べに、柴田受刑者は事故の瞬間の記憶がないことを供述。免許取得の際には持病のてんかんを隠していた。

 平成22年12月には、三重県四日市市で、踏切待ちをしていた自転車の3人に乗用車が追突。線路内に押し出されて、2人が死亡、1人が負傷した。運転していた歯科医、池田哲被告(47)=控訴中=はてんかんの持病があり、三重県警の調べに「事故直前から搬送された病院までの記憶がない」と供述した。

■「罰則なし」

 てんかん患者の運転免許取得は、14年施行の改正道路交通法で可能となった。5年以内に発作がなく、「今後、発作が起きるおそれがない」と医師が診断していることなどが条件となる。一方で、てんかんであることを申告しなくても罰則はない。

 栃木県の事故の「遺族の会」は今月9日、刑法改正などを求める署名計約33万人分を国家公安委員長らに提出したばかりだった。免許を不正取得し事故を起こした場合は、法定刑のより重い危険運転致死傷罪を適用するよう法改正することなどを求めている。

 遺族の会代表で、亡くなった大森卓馬君=当時(11)=の父で会社員、大森利夫さん(47)は「てんかん運転者といっても、きちんと申告した人もいれば、無申告で免許を取得した無責任な者もいる。病気を差別しないためにも区別しなければならない」と話した。

 次男がてんかん患者の兵庫県宝塚市の主婦(52)は「事故でてんかんに対する誤ったイメージが一人歩きしないか心配だ。誤解が患者であることを打ち明けにくくし、再び事故が起こるという悪循環に陥る」と不安げに話した。

 順天堂大学の菅野秀宣准教授(てんかん外科担当)は「栃木の事故の発作と似たようなものだろう。ただ、発作の形態はさまざまで、薬がよく効き運転に支障のないケースもある。前提となるのは、しっかりと専門医の治療を受け、指示をよく聞くことだ。そうでないならば、ハンドルを握るのは危険といわざるを得ない」と指摘する。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/556157/




また大事故を起こしました、てんかん患者。
こういう状況だそうです。

2011/04 栃木・鹿沼   6人死亡 
2011/04 島根・松江   1人死亡 
2011/05 広島・福山   4人重軽傷
2011/07 愛知・岩倉   2人死亡
2011/10 鹿児島・姶良 1人死亡4人重軽傷
2012/02 栃木・宇都宮 6人重軽傷
2012/04 京都・東山区 7人死亡9人重軽傷 ←いまここ

 【たった1年で死者17人、重軽傷23人】




この件に関して、人権団体はてんかん患者への差別が助長される恐れが……とか言っております。
確かに、如何なる病人であろうとも差別は良くないでしょう。
運転免許がなければ職種も限られ、生活しづらいのもある程度は理解できます。
だから、運転免許を取り上げられるのは問題というのも理解は出来るのです。


ですが……
もう人が死んでいるんですよ!!

てんかん患者が突然、歩いていただけの人間の行列に突っ込んでくるかもしれないのが現状なのです。
そんな状況で患者の人権とかって言ってられますか??
しかも、患者を隔離せよとか言っている訳じゃありません。
運転免許の交付が問題である……と、言っているだけです。

たったの一患者の、行動の自由程度の人権を守るために、今回は7人くらいの生存権が奪われました。
そして、今現在もてんかん患者かもしれない人間が道路を運転しており、いつ我々の、そして我々の家族や親族、友人などの命が奪われるか、分からない状況なのです。

こんな状況で、てんかん患者の運転免許を取る自由を守るのが正しいのでしょうか??
彼らから免許を取り上げてくれと頼むのが差別でしょうか??

私たちは、ただ死にたくないだけです。
友人や家族をただ死なせたくないだけです。

てんかん患者が運転しているということ自体、私たちの生存権が今現在、脅かされている状況なのです。

確かにてんかん患者にも人としての権利がありますし、自由も存在します。
が、しかし。
その自由と引き換えに、我々健常者の生存権が脅かされるというのは、明らかにおかしな状況でしょう。

身体障害者に対する差別はいけないと思います。
ですから、ちょっと遠回りになってもバリアフリーに文句は言いませんし、ちょっと不便であっても視覚障害者誘導ブロックの上に物を置いたりはしませんし、ちょっと歩くことになっても身体障害者用の駐車スペースには車を置いたりしません。
そしてそれらが税金で賄われることに対しても文句を言うつもりはありません。
そういう工事に回すお金で我々の生活がもっと良くなっていたかもしれなくても、税金が安くなったかもしれなくても、そういうのを我慢するのが文明人の社会だと理解しておりますので。

ですが……そういう税金や多少の不便は兎も角、生存権が脅かされているのなら、話は別でしょう??
障害者に対して自由に車を運転する権利を与えるために、死ぬかもしれないけど我慢してくれ??
冗談じゃありません。

障害者が苦労していれば手を貸しましょう。
障害者の苦労を減らすために税金が使われるのも許容しましょう。
ですが……生存権まで脅かされるなら、それは全くの別問題です。


そうなれば、殺される前に殺すしかないでしょう??
生存権は全てに優先するのです。
私たちが殺される前に、てんかん患者を皆殺し……って言うと、かなり過激ですが。
現状は、そういう状況なのです。
そういう過激な論調が出てこないのが不思議なくらいです。
彼らに運転させ続けるというのは、そういう過激な意見が出てきて、人権団体が懸念する謂れのない差別が起こってもしょうがない状況なのです。
だって、彼らが運転することによって、何の罪もない人が死んでいるのですから。。。
彼らの権利によって我々健常者が殺されているのが実情なのですから。


だから、早急にてんかん患者の免許交付は停止すべきです。
このまま事故を重ねると、本当に殺される前に殺せ……そんな意見が相次ぐことになるでしょう。
そうすれば、理由もなくてんかん患者が隔離され、殺され、そうならなくても差別ばかりの社会を生きていくことになります。
てんかん協会が患者の人権を守ろうと免許交付の訴えを行うことは、差別を無くし人権を守ることにはならないでしょう。
ただ単に、差別を促進し彼らの人権を危うい物にしようとするだけです。



勿論、ただ免許を奪えば良いというものではありません。
免許はく奪の代わりに、タクシーチケットを交付したり、生活保護を多少出すなどの支援策を同時に行わなければならないでしょう。
飴と鞭が政策の基本です。
ただ取り上げるだけではなく、彼らの生活を支援し、免許はく奪が彼らの人権を奪うというものではなく、健常者の生存権を守るためのものだと理解させる、そういう政策であるべきです。
そして、てんかん協会も、ただ権利を主張するだけではなく、こういう事件が起こったことを考え、健常者の生命を奪わずにてんかん患者の人権をも守る、そういう主張を行っていくべきだと思います。


人権も大切ですが、何よりも生存権が優先します。
最大の人権侵害は犯罪なのです。
人権について考え語る人権団体という連中は、どうも人権を大事にするあまり、最も大切なことを忘れているような気がするのです。
何よりも犯罪を防ぐ。
何よりも生存権を優先する。
それが、本当に差別のない社会を作るための、当たり前の前提条件だと思います。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■まとめteみた.【生存権は全てに優先する。】

京都・祇園の事故運転手「てんかん」治療…遺族ら署名提出京都・祇園で歩行者の列に車が突っ込んだ事故では、車を運転していて死亡した藤崎晋吾容疑者が、突然意識を。事故の遺族は厳罰化などを求める署名を提出しているが、病気の差別につながる可能性もあり、対応は一筋...

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。