FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■何か問題が??

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


生活保護費不正受給対策 横浜市も県警0B採用

 生活保護費の不正受給対策で、自治体が退職した警察官を福祉事務所に配置する動きが出ている。横浜市も今月から、県警OB四人を採用した。これに対し、市内で生活保護受給者を支援する団体や、受給者の相談に乗るケースワーカーらが加入する組合は「生活保護の相談に来る人が、威圧的と感じる」と、反発の声を上げている。 (荒井六貴)
 「市は、生活保護を受給しないようにしているようだ」。受給者らを支援する団体「寿日雇労働者組合」(横浜市中区)の組合員近藤昇さん(63)は憤る。
 「路上生活者の中には、警察官から『ここで寝るな』とか言われ、嫌な思いをしている人が多い。警察官がいると聞いたら、生活保護の相談に行かなくなる。市は、むしろ現場に出て、話を聞きに行く必要があるぐらいなのに」と訴える。
 団体のメンバーの一人で、生活保護を受ける男性(59)は「警察に厄介になった人は、警察官がいたら、嫌だろう」と強調する。
 市健康福祉局保護課によると、警察官OBには、悪質な不正受給を分析して見抜き、県警に被害を届ける際の手続きを手伝ってもらったり、暴力団周辺者らが窓口に来たときや、暴れる人に対応することを期待する。
 しかし、市職員らが加入する横浜市従業員労働組合の森田昌宏書記長は「窓口に来た人が暴力を振るうからと、警察にお願いするのではなく、それを含め、ケースワーカーが対応するという考えもある。警察で押さえ込んでも、その人の本質が見えてこない」と指摘する。
 今回、横浜市が採用した四人は市内でも生活保護受給が多い中区、南区、鶴見区、旭区の相談窓口の福祉保健センターを担当する。
 当初、市内全十八区の福祉保健センターに常時、警察官OBを配置する計画だったが、支援団体や組合の反発で撤回。OBは窓口に常駐せず、必要なときに、四区のセンターに行ってもらうことにした。
 同課の巻口徹課長は「まじめに受給している人も不正を疑われ、迷惑がかかるので、悪質な不正にはきちんと対応する必要がある。受給に来る人を威嚇するということではない」と説明。その上で、警察官OBが窓口で、一人で接することはないとした。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120407/CK2012040702000107.html




誰が窓口だろうと、特に問題なんてないでしょう??
正式に書類が整っているのなら、それこそお役所仕事……事務的に書類を出してくれるのですから。

ただ、警察官OBって方々は、恫喝や暴力には非常に対応力を発揮しますよね。。。
ついでに言うと、警察との連携も上手で。。。


ま、懸念と言えばパチンコ関係にも警察官OBが出向いているとか聞くから、そういう辺りの身辺調査が必要かな?とは思う訳ですけれど。

兎に角。
これが何故問題なのか分かりません。
と言うか、仕方なく生活保護を受けるのですから、多少の威圧感に耐えるのは仕方ないでしょう??

逆を言えば、本当に仕方のない人間なら、これくらいで怯む訳もありません。
働けない絶対的な理由があるのでしたら、尚更です。。。


そもそも……路上生活者していて警察官に追い出されたくらい、大したことじゃないでしょう??
本当に窓口に警察官がいて困るのは、別の意味で警察の厄介になった人たち……つまりが犯罪者でしょうに。
そして、そういう連中が生活に困窮するのは単なる自業自得。
犯罪行為によって誰かを苦しめたのですから、窓口に警察がいて嫌な思いをするくらい、当然でしょう??
それを問題にする方が、おかしいのです。


と言うか。
今までこういう行政と警察の連携が全く取れてなかったのがおかしいのです。
不正があるとこれだけ問題になっているのですから、しっかりと不正には対処しなければなりません。
最近は税金の無駄遣いが問題になっておりますが、公共工事は仕事とインフラを生みます。無駄に思える工事でも、雇用の場と考えればそうそう無駄でもありません。
ですが……パチンコに消える生活保護費やヤクザに流れる生活保護費は全くの無駄です。
いえ、害悪です。

と言うか、本当に生活に困窮している人たちの分は不正受給ではない以上、不正受給ってのはヤクザやパチンコに消えるだけの、本当に害悪な税金の使い方でしかないのです。
生活保護費を減らせば需要喪失がどうのこうのという意見もあるでしょうが、パチンコやヤクザに流れるくらいだったら公共工事やった方が遥かにマシですわな。。。
いや、大昔にあったという(両親に話を聞いたことがあります)、公務員の飲み会一次会の代金を税金で補った方が遥かにマシです。
とは言え、半分くらいが妥当かな?
一次会の半分と二次会以降は自分たちで出す訳ですから、経済効果が間違いなく1以上はありますし……飲食業などは経済波及効果が大そうです。
インフラが残らないので国家としてはイマイチですが、繁華街の景気回復には非常に効果的な気がしてならない今日この頃。。。
国民感情的には許せないでしょうけれど……ね。

という訳で、ちょっと蛇足になってしまいましたが。
窓口に警察官が来たところで困ることはないと思うのですが……
この新聞が採用した意見の方々は、一体、何が困るのでしょう??



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。