FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■面白い試み、だけど……

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


津波時に浮上 世界初の防波堤着工へ 和歌山 

工場が密集し、頻繁に海上輸送船が行き交う和歌山県沖の紀伊水道の津波対策として、国土交通省近畿地方整備局港湾空港部(神戸市中央区)が、世界初の可動式防波堤の整備を進めている。平時は航路を確保し、津波発生時に海底の杭(くい)を浮力で浮き上がらせる「直立浮上式」を採用。懸念されている南海地震への備えとして、2012年度に着工する。(斉藤絵美)
 敷設されるのは、和歌山県海南市の和歌山下津港。沿岸部には製鉄所や石油精製所、火力発電所のほか、世界的にシェアの高い化学製品の製造会社などが密集している。
 同市によると、東海、東南海、南海の3連動の地震(マグニチュード8・6相当)が発生すると、沿岸部に押し寄せる最大の津波は約6メートルとされ、市街地も浸水すると想定されている。
 直立浮上式防波堤は、沖合約1・5キロの海底約30メートルに、鋼管を格納した円筒計75本を一直線上に埋設。津波警報が発令されると、自動で鋼管に空気を送り込み、海面上約7メートルまで浮き上がって防波堤の役割を果たす。延長約230メートルになり、3連動地震が発生した場合でも、想定内であれば市街地への浸水を防ぐことができる。
 同港は船舶の出入りが多く、防波堤の設置は困難な上、岸壁の防潮堤をかさ上げすることも船の着岸に支障をきたすため、不可能だった。浮上式は平時、海底に沈み込んでいるため、航路の邪魔にならない利点もある。
 総事業費250億円。近畿の港湾・空港の整備に当たる近畿地方整備局港湾空港部が、現地での実証実験を経て19年度の完成を目指す。担当者は「仮に想定外の津波でも威力を低減させ、逃げる時間を稼ぐことができる」としている。

60-1.jpg
60-2.jpg


http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/p2_0004861082.shtml



素人意見ですが、試みは面白いと思います。
何であろうとこういう防災技術をしっかりと研究し、模索し、建設することこそ、日本を今よりももっと暮らしやすい国家にするために必要なことだと思いますので。。。

ですが。

……コレ、もちますかね??

津波の凄まじさはもう私ごときが口にする必要もないほど、誰もが理解していると思います。
その恐ろしさを一言で言うと、凄まじい超重量の水の塊なのです。

con-1_590.jpg

高波なら防げると思うんですけれど……コレで本当にこの水の塊を防げるのでしょうか??
どうやら記事を見る限り、防ぐことよりも威力低減と逃げる時間稼ぎ用と書いてありますけれど……。
ガンプラを作った経験のある方なら分かると思いますけれど、アレを動かしていた場合……関節や武器ギミックが真っ先に壊れるのです。
要は、動く場所は凄く壊れやすいのです。
何故なら稼働するためのギミックを内蔵させるから。
一体化している他の場所と比べて、兎に角、負担が集中するきらいがあり、壊れやすいのですね。
そんな可動式のもので、津波などという凄まじい重量をどこまで支えきれるのか……非常に心配です。

そして、二つ目。
稼働式ってことは、元に戻せるのを前提としているのでしょうか??
その場合、本当に元に戻せるのでしょうか??
海中というのは、様々な生物の宝庫です。
船を放っておくだけで、海藻やら貝類やらがへばりつき、ろくなことになりません。
そんな海中に可動式の構造物を置いて、非常時にちゃんと動くのでしょうか??


もしくは、津波時への備えだから、使い捨てを前提としていた場合……
色々と混乱する非常時において、しっかりとした命令系統が生きているでしょうか??
いや、命令系統がしっかりしていたとしても、コレが上部だけでも使い捨てならば一度の使用には凄まじく金を使うでしょう。
生憎と日本は地震大国です。
公共事業の無駄が必要以上に叫ばれているこの昨今。
この一度の使用に凄まじい資金を使うような防波堤を、いざという時に誤報を恐れず、しっかりと使う命令を下せる人材が存在するでしょうか?
と言うよりも、誤報による無駄遣いによって、本当に使用すべきときに使われないのではないか……との懸念が拭い去れません。


と、完璧に新技術をただ心配しているだけのエントリになりましたが。
何らかの案に対し、様々な人々がこうして問題点を指摘し、それを検討することでその案をより完璧なものに近づける。
……これが、本来の民主主義の在り方です。
数の暴力とか、愚民政治とかって評価が下されている時点で、それは民主主義が正当に機能していない証拠だと思っております。
そして、その議論をすべき場所が国会のハズ、なんですけれど……ねぇ??
まぁ、兎に角。
今の無能与党がさっさと崩壊して、このような新技術に補助金が流れ、日本の防災技術が更に発展していくことを祈る次第であります。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。