FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■こういうことをすると嫌われます。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


海外の初音ミク動画「次々削除」 だれの嫌がらせなのかと大騒ぎに

ユーチューブ英語版などに投稿されたボーカロイド「初音ミク」の動画が、次々に削除されているとして、ネット上で物議を醸している。それが不自然なために、ある疑惑が出ているというのだ。
海外にも、初音ミク現象は広がり、CMに取り上げられ、コンサートも行われた。日本語によるミク動画も、英語などに翻訳され、ユーチューブで紹介されている。

日本名かたって著作権侵害の虚偽申請?
ところが、2011年12月ごろから、その英語版やスペイン語版などに投稿されたミク動画が次々に削除されるようになったというのだ。
そして、経緯に不審な点が見つかったとして、12年1月31日には、ネットユーザー有志による「SAVE MIKU キャンペーン・プロジェクト」も立ち上がった。そのサイトによると、運営元のグーグルに著作権侵害による削除を訴えた申請者は、似たような日本名をかたっていた。それは、「笹×一」「笹金×一」「笹川×一」「笹村×一」といったものだ。削除された動画は、少なくとも20ほどあるようだ。
利用規約によると、動画投稿者への著作権侵害の訴えが2回を超えると、投稿者のユーチューブアカウントも停止される可能性がある。実際に、停止になったケースが6件ほどあったそうだ。アカウントの画面には、「著作権侵害に関する第三者通報が、以下の申立人を含む複数のユーザーから寄せられた」と表示され、「笹×一」らの名が挙げられていた。削除申請者には、企業名があるケースもあった。
ロンドン五輪歌手投票との関連指摘も
削除申請者がだれなのかは、まだ分かっていない。しかし、ネット上では、嫌がらせの指摘まで出ている。
それは、海外サイトのアンケートで、初音ミクがロンドン五輪のオープニングで歌ってほしい歌手の1位に選ばれたことに関連しているのではないかというものだ。
このアンケートでは当初、K-POPの歌手が軒並み上位を占めていた。ところが、2012年1月17日に初音ミクが1位に躍り出て、大きな話題になった。2月2日夕現在も、1位をキープしている。
つまり、海外でのミク人気を快く思わない韓国などのネットユーザーが、その妨害を企てようとしたのではないかとの見方だ。もっとも、別の利害関係者ではないかとの指摘もあり、真相は分かっていない。
ネット上では、グーグルが削除要請に次々応じていることに、不満の声も出ている。「誰でも削除申請すれば、ロクに確認もされずにアッサリ削除できるの?」「YOUTUBEって、雑なシステムだったんだな('A`)」…。
もっとも、ミク動画は、作成者らの許諾を得ずに、ユーチューブ英語版などに愛好者が転載した可能性もある。こうした場合には、第三者が申請したとしても、グーグルの判断で削除されることがあるかもしれない。
グーグルの日本法人に取材すると、広報担当者が不在だとして話が聞けなかった。
初音ミク発売元のクリプトン・フューチャー・メディアでは、取材に対し、「弊社でも、ご案内のような事実が発生していることを認識いたしております。現在、情報の収集を行なっております」とコメントしている。

http://www.j-cast.com/2012/02/02121041.html?p=all




犯人は分かってないので言及しません。
小沢一郎の違法献金と同じくらいの色合いで、かなり真っ黒に近いような気がしておりますが、犯人が確定していない以上はまだ黒という訳にはいかないので、一応。。。

ただ。
こういう真似を仕出かす人間は、間違いなく嫌われます。
誰かが好きで努力して作った動画をアップし、世界中の人間がソレを見て一時的にとは言え楽しい気分になった訳です。
それを削除するということは、その一時的に良い気分になった全員を冒涜するということです。
勿論、その動画にパクリや無断使用など、著作権的な問題があるならば、削除されるのも自業自得でしょう。
しかし、使うのを自由とされている初音ミクを使い、自らが作曲した曲を歌わせ、フリーで使える動画ソフトで編集し、自由に見えるようにアップロードされた動画が消されているのです。
何の瑕疵もないのに著作権違反で訴えられている訳ですから、良い気分になる訳がありません。

しかも。
しかも、です。

 バーチャル・シンガーの初音ミクが歌う「Tell Your World」が“日本人歌手”史上最多となる世界217か国で25日から配信されることになった。

 同曲は今月18日から「livetune feat.初音ミク」名義で、日本などで先行配信。発売以降、iTunesランキングでAKB48らを抑え、「初音ミク」として初の首位を獲得した。昨年12月からレディー・ガガらに続き「Google Chrome」のCM曲に使用され、動画サイト「You Tube」では世界各国から200万回以上の再生回数を記録している。

 初音ミクは女性の声を使って自由に曲を歌わせることができる音楽ソフト。同曲はCD化され、3月14日発売のミニアルバム「Tell Your World EP」に収録される。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120123-OHT1T00243.htm



そうして敵に回した相手は、仮にも217ヶ国で一挙に配信するほどの、世界有数の日本人歌手なのです。
削除を申請した相手は、たかがバーチャルだと軽く見ているのでしょうけれど……これ、実際に考えれば凄まじい数字です。
勿論、好みが分かれますから、好き嫌いは多々あるでしょう。
ですが、217ヶ国で名を知られている歌手を一方的な言いがかりで貶めるということは、その事実がばれた場合、217ヶ国に自らの悪行を晒すということになるのです。
因果関係も含めれば、それは大恥になるでしょう。
その犯人の心理的には「初音ミクと日本人の所為で世界中に大恥をかかされた」になるのでしょうが、日本ではそれを自業自得としか言わない訳ですが。
おっと。
前提は犯人はまだ分かってない……でしたね。失敬失敬。


兎に角。
You Tubeもこんなことが出来るのを放置していると、利用者を急激に失うことになってしまうでしょう。
正直、テレビと並ぶ影響力を確保出来そうな事業……いや、世界中に影響力を持つという意味ではテレビを圧倒的に上回っている事業なのですから、こんなアホなことで墜落するのはもったいないと思うのです。
さっさと対策をして、犯人を世界中に知らしめ、自分たちの不手際を詫びるくらいのことをしないと、被害は増すばかりだと思いますよ??

いや、営業妨害で大々的に訴えるのも良いかもしれません。
こういう手合いを一度徹底的に叩いておかないと、無闇な著作権侵害の訴えが後を絶たず、Tou Tube自体が崩壊してしまう恐れがあるのですから。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。