FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■ひでぇの一言。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


【永田町黒革の手帖】金総書記、もっと前に死んでいた!中国発“衝撃情報”の中身

 北朝鮮の金正日総書記の死去で、野田佳彦政権が醜態をさらした今週、中国共産党の幹部数人がひそかに日本を訪れていた。外務省も正確な動向をつかんでいないという幹部に、旧知という政治ジャーナリストの宇田川敬介氏が接触した。幹部は金総書記死去の衝撃情報を明かしたうえで、野田佳彦政権について「ここまで、ひどいとは」「なぜ、日本国民は怒らないのか」と突き放したという。宇田川氏が緊急リポートする。

 この幹部の名前を明かすことはできない。中国共産主義青年団(共青団)出身の大物に同行したA氏だ。まず、金総書記死去について聞いた。

 「近く死亡発表があるのは分かっていた。北朝鮮筋の情報から24日以降だと思っていた。われわれは金総書記が17日に死んだと思っていない。(17日以前には死亡しており)19日に発表の準備ができたのだろう。まあ、そのおかげで野田政権の対応を間近で観察することができた」

 今回の来日中、A氏は民主党関係者とも意見交換している。金総書記死去における野田政権の対応をどう見たのか。

 「ここまでひどいとは思わなかった。金総書記の死期が近いことは分かっていたのに、情報収集はまともにしておらず、死亡発表前後の混乱もお粗末だ。野田首相や山岡賢次国家公安委員長はあんな対応でいいのか? 北朝鮮が混乱した場合に備えて、株価や為替、脱北者対策などをしているのか? 中国の指導者があれでは、中国は崩壊している。日本国民が怒らないのが不思議だ」

 「中国共産党は現在、『日本の民主党政権とどのように付き合うか』を議論している。9月に就任した野田首相にも興味を持ってきた。米国と同盟関係を持ちながら、民主党幹部がわが国にも『戦略的互恵関係を』という真意も探ってきた。私は今回、『まともに相手をすれば中国が世界中から笑われる』『この政権と同盟を結んでいるオバマ米政権がかわいそうだ』と感じた。帰国後に党に報告する」

 ところで、A氏らが来日した目的は何か。初めはA氏は「日本企業の中国への誘致」などと話していたが、最終的には「日韓首脳会談の情報収集」「日本の次期主力戦闘機F35に関する情報収集」「野田首相の訪中(25、26日)前の情報収集」と明かした。

 金総書記の死去は、野田政権の外交力や情報収集力、分析力などを示す絶好のチャンスだったが、結果は散々なものだったようだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20111221/frn1112211142002-n1.htm




中国にここまで言われるとは……
まぁ、国民の……いや、反民主感情を持つ人間にとってはある意味、当たり前の対応をされただけ、って気がしないでもないですけれど。。。

一応、中国の兵法書にはこういう記述があるそうです。

中国の兵法書 六韜
・交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が「有能」ならば何一つ与えず返せ。
・交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が「無能」ならば大いに与え、歓待せよ。
そうすれば、隣国では「無能な者が重用され」、「有能な者が失脚する」そしてやがては滅ぶ。



が、しかし。
今回はそれには当てはまらなかったのでしょう。

何故ならば、中国としては、野田政権に大いに与えて歓待したとしても自国の利益にはなり得ないと判断したからです。
つまり、中国としては日本を滅ぼしたい訳じゃない。
あわよくば日本の技術力や国民、領海などを得たいとは思っていても、力ずくで手に入れるには危険が多いと知っているし、日本が本気で滅んでしまったら技術力や国民など、自分の欲しいものが手に入らなくなる訳です。
金の卵を産む鶏をかすめ取りたいと思っていても、鶏が死んでしまったら意味がありませんから。。。
そして、今の鶏の飼い主……つまりが野田政権は、泳がせていれば鶏を死なせてしまうほどに無能な政権と判断されてしまった……ということです。

はっきり言って、そこまで無能だったのか? と、逆に心配になるほどの評判です。
だって中国としては上の通り、日本政府が無能であればあるほどに有利なのです。
その有利さに便乗して何かをなそうとしても、今の野田政権と組めば被害の方が大きくなるだろう。
中国がそう判断しているのです。
つまり、それほどまでに野田政権、民主党政権は無能だったということなのです。。。

要は、悪巧みしようにも、相手がコチラ側の常識の範囲を逸脱するほどのアホだったらどうしようもない、という訳です。
そして、野田政権はそう評価されているのです。
本気で頭が痛くなるような話です。


ついでに一言だけ追加させて貰いますと……

TPPを現状の民主党政権で賛成するということは、中国人の幹部から「ここまでひどいとは思わなかった」と言われる連中を交渉に当たらせるってことですからね~~。
『まともに相手をすれば中国が世界中から笑われる』
『この政権と同盟を結んでいるオバマ米政権がかわいそうだ』

私は……敵国とも言える相手から、ここまで評価されてしまう連中に、日本の将来を預ける交渉を任せたいとはとても思えないのですよ。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。