FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■日中…友…好…

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


中国で日本の3DAV人気過熱 興行収入で『アバター』を抜く

中国人男性の間で日本のAVブームは過熱する一方。現地ではAVでおなじみの「ヤメテー」という言葉が広く知られ、中国語にはない「女優」という語がAV嬢のことを意味するほどだ。
その人気に目をつけた香港の映画業界が、有名AV女優たちを積極的に起用し始めた。その先駆けは、昨年日本でも公開された『金瓶梅』。早川瀬里奈らが出演し「この20年の香港映画で最も過激」と評された。
そして空前のヒットとなったのが、原紗央莉や周防ゆきこらが出演した世界初の3Dピンク映画『3D肉蒲団』(今年4月公開)だ。香港では初日の興行収入が、史上最高をたたき出した米3D映画の元祖『アバター』の記録を更新、男女の垣根を越えて広く観客を集めた。すでに続編の構想もあり、中国でナンバーワンの人気を誇る蒼井そらの出演も噂されている。
10月公開のこれまた3D映画『蜜桃成熟時33D』は、蒼井そらに次ぐ人気女優の吉沢明歩が出演し話題をさらった。ちなみに男優の加藤鷹も出演している。
いずれの作品も乳房を露出し、なかにはヘアが見える場合もある、という露出度のようだ。中国に詳しいノンフィクションライターの高山祐介氏が語る。
「日本のAVは中国ではほぼネット動画の違法ダウンロードで鑑賞されています。そのため、スクリーンでAV女優を拝めるのは特別なのです。中国人男性にとって日本の女性は高級品のため、高額の出演料が飛び交っていると推測されます。富裕層が日本のAV女優を抱くために200万円出すとすごんだ、なんて話も聞こえてくるほどです」
※週刊ポスト2011年12月23日号

http://www.news-postseven.com/archives/20111220_75495.html




……女性不足だからな~、あの国は。。。

<一人っ子>「男が多すぎ!」男女比、世界1偏った国に―中国

2008年6月11日、中国は男女の出生比率が世界で「最も深刻で最も長期にわたり偏っている」国家であるという。人民日報サイトの「人民網」が伝えた。

広東省では2020年に省内に460万人の独身男性が存在し、この男女比の不均衡から性の乱れやこれに伴うエイズなどの性病が蔓延すると専門家は予測。この予測について、広東省人口計画生育委員会の梁桂英(リャン・グイイン)女史は同紙に「広東省では男女の人口格差は確かに突出しているが、すでにさまざまな試みが行われた結果、一定の抑制効果を得ている」と反論した。ちなみに広州市の男女比は「110対100」で、正常比率は「103~107対100」。【その他の写真】

現在、中国の男性は女性より3700万人多く、なかでも0歳から15歳までは男子の方が女子より1700万人多いことが判明。「1人っ子」なら男の子を生みたいという夫婦は都会よりも農村部で多く、産婦人科で妊娠中の胎児の性別を診てもらい、女とわかったら人工中絶を受けるケースが後を絶たない。男尊女卑というよりも、老後の社会保障が不安定な農村部で「頼りになるのは、嫁に行った娘より同居の息子」という考えが男女比の偏りを生む大きな要因になっていると記事は指摘している。(翻訳・編集/本郷)

http://www.excite.co.jp/News/china/20080613/Recordchina_20080613016.html




こういう具合ですから、女性が足りないのでしょう。
確かどっかの発展途上国から嫁を貰うツアー(人身売買寸前というかそのもの)らしきものも組んでいたハズですし。。。

だからこそ、こうして日本のAVがしっかりとした興行となるんでしょうね。
まだまだ割れ物……違法ダウンロードが多くてDVD販売とかは商売が今一つらしいですが。
ま、その所為でアバターみたいな映画が売れず、AVが売り上げで勝つような、日本では考え難い状況が起こりうるんでしょうけれど。


しかし、これも一つの日中友好の形ではあります。
例えば、職場で年かさの上司と飲み会で話す機会があった場合、共通の話題を探すのに苦労するのですが酒と食い物、そしてエロい話は大概が通じます。
文化が違えば酒や食べ物も違うのは事実ですが、それでも美味しいもの、素晴らしいものは共通だったりします。
それと同じで……エロスもまた、万民共通の話題なのでしょう。


そもそも友好関係ってのは、そうやって共通の話題と共通の事柄で個人個人の交流によって連携を深めていくものであり、無闇矢鱈と技術援助をした上で国策として交流を深めていくものではありません。

ですから、日本は中国と『こういう分野』での関係をもっともっと深めていくべきだと思います。
幸いにして日本はエロスに突出した国です。
HENTAIやBUKKAKEなんて言葉も世界共通語になっているくらいですからね~~。
流石に内容が内容ですから国策としてやれとは言いませんが、変に内容の伴わない交流よりは、遥かに実りのある交流になると思いますよ??

ついでに、一つの予言をば。
あと十年くらいで技術革新が上手く進めば、とある商品が凄まじく中国で売れるでしょう。
その名も、『ラブペット』
……どこかにありそうな商品名ですね。
あ。ペット屋さんに実際にあった。

何を売るかと言うと、ま、今最も分かり易く言うならば、ミサカシスターズです。

20081122b07.jpg

勿論、人権侵害がどうのこうのってうるさく言われそうですから、身体の一部を人間とは異なる形にして(エルフ耳とかですね)、寿命を三年くらいに設定し、老化しないままに死んでしまう、幼児レベルの知性を備えた、人間型のペットを売り出す訳です。
3700万人の内、どれくらいになるかは分かりませんが、恐らく、殺到します。
犬猫の百倍くらいの価格だったら、恐らく、凄まじい注文の嵐になるでしょう。
ついでに別売りでテロメア延長薬品などがあれば、もっともっと売り上げは増えます。
こっちは高くても構いませんね。
愛着のあるペットの寿命を延ばそうとするのは、人間として当然の行動なのですから。
何か最近売り上げを伸ばしているモバゲー商法と似た感じの構造を語っておりますが……
いや、それよりも大きな問題は、変な愛好家が食料として利用しそうで……


こういうダークな未来仮定、大好きなのでついつい語ってしまいましたが。
売れるという一点だけを考えれば、間違いなく凄まじい売り上げを誇ることでしょう。
だって、AVでさえこれだけの売り上げを誇っていて、風俗だって世界中で未だに廃れることのない大産業として生き続けているのですから。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。