FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■将軍様がお亡くなりに……

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


金正日将軍がお亡くなりになりました。


金正日総書記が死去 北朝鮮の最高指導者

 【ソウル=加藤達也】北朝鮮の朝鮮中央テレビと朝鮮中央放送、平壌放送は19日正午からの「特別放送」で、最高指導者の金正日総書記が死去した、と伝えた。69歳だった。葬儀の日程などは不明。

 北朝鮮は昨年から金総書記の三男で朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長を務める金正恩氏を中心とする三代世襲態勢への移行を推進していた。金総書記の死去が今後の北の核活動を含む対外政策にどのように影響するか、米韓など各国は不測の事態に備え情報の収集と分析に全力を挙げる。

 ラヂオプレス(RP)によると、朝鮮中央テレビは同日午前10時、正午からの特別放送を予告。その際、アナウンサーが悲しい表情をしていたうえ、背景音楽が「将軍」を称える主旨の曲調だったことから死亡したとの見方が有力だった。

 北朝鮮では2010年9月、朝鮮労働党代表者会を44年ぶりに開催し、正恩氏を後継者に選出。健康に不安を抱える金総書記の死後の“金王朝”の安泰をアピールし、国内の安定を図ってきた。

 北朝鮮は核開発に力を入れ、06年10月と09年5月に核実験を実施。既に数発の核爆弾を保有しているとみられている。また10年には米国の核専門家に対してウラン濃縮施設を公開するなど、核を恫喝(どうかつ)外交の手段としてきた。

 金総書記は73年、31歳で党、軍の人事を握る朝鮮労働党組織指導部長、思想担当兼宣伝扇動部長に就任。翌年、労働党中央委員会で政治局員に選出され、金日成主席(94年死去)の後継者となった。08年8月に脳卒中で倒れたとされ、健康が不安視されていた。

 故金日成主席の生誕100年に当たり、自身も70歳を迎える12年を「強盛大国の大門を開く年」と位置付け、軍事強国を目指し、正恩氏の後継体制確立を推進してきた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000511-san-int





その瞬間、韓国のウォンが大暴落!!

wonkim.jpg

これはつまり、偉大なる将軍様がお亡くなりになられたことで、韓国を護っていた霊的防護が消えてしまい、韓国経済が冷え切ってしまったに違いありません!!

少し前に起こった水道水から血が流れてきたのも、豪雨によってソウルが水に浸かったのも、韓国人が世界各地で不遇の身に置かれているのも、全て、ここ最近の将軍様の霊気の衰えによるものだったのです!

このままでは韓国は滅びてしまいます!

早く朝鮮半島各地に埋め込まれた、朝鮮半島の精気を奪う日帝呪いの杭を引き抜くのです!!

http://www.youtube.com/watch?v=3qKVKqpJs6g
(日帝呪いの杭に関するニュース)


こんなアホな銅像↓↓↓を作って喜んでいる場合ではないのです。

entry_img_755.jpg

一刻の猶予もありません。

さぁ、将軍様の霊をお慰めするために、朝鮮半島で幾つも幾つも炎をあげましょう。
金正日将軍も朝鮮半島の出身者ですから、炎を見るのが好きに違いありません。
ですから、朝鮮半島の各地で炎をあげるのです。
とは言え、何でも燃やせば良いというものではありません。
将軍様が嫌いだった米帝の旗とかが良いでしょう。

anti-us-003.jpg

そうするだけで、あら不思議。
朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国の貧富の差や平均寿命の差が大きく縮まることになるハズです。

米韓FTAが締結されたことも、その両国が通じ合う大きな進歩となるでしょう。
そうして北朝鮮と韓国が再び一つになり、手を取り合うことで……金正日将軍の悲願だった朝鮮半島の統一が完成し、我が国民を悩ませてきた在日韓国・朝鮮人たちは大手を振って祖国へと帰ることになります。

そうなって初めて、偉大なる金正日将軍の霊は静まり、再び、将軍様の霊が朝鮮半島を守ってくれるハズです。
そうなれば、朝鮮半島が今までの朝鮮半島の歴史で紡いできたように、彼ららしい素晴らしい黄金時代を築けるのです!!


まぁ、死者に鞭打つ文化は日本にはないのでこの辺で。
言っていることは間違いないけれど、何かが大きく間違っている……今日はそんなエントリを目指してみました。
抒情トリック、でもないか。意図的な論理破綻??
まぁ、それっぽく言うと、暴論による思考誘導というヤツですね。

何処がおかしいか気付かなかった貴方は、非常に騙されやすいので注意が必要です。
読んでいて何かがおかしいと首を傾げた貴方は、文章を鵜呑みにせず考える能力がありますので、マスコミの報道に首を傾げているハズです。
逆に読んでいて「そうだそうだ!」と喝采を上げた貴方は、朝鮮半島を酷く嫌っているか、この手のジョークに慣れ親しんだ方に違いありません。。。



しかし、この事件。
こうしてギャグとして扱うのも今だけしかないだろうと思うほど、洒落にならない大きな動乱の幕開けになりそうな気がします。
しばらくは真面目な話、朝鮮半島を頑張って注視する必要が出てきそうです。


これでも……人の死ぬような戦争は、嫌い、なんですけどね。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。