FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■民主主義的にこれはどうなんだろう?

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


プーチン大統領 クリミアの編入を表明
3月18日 21時12分

プーチン大統領 クリミアの編入を表明
ロシアのプーチン大統領は日本時間の18日午後8時すぎからモスクワで演説し、ウクライナ南部のクリミア自治共和国をロシアに編入すると表明しました。
欧米諸国はロシアによるクリミアの編入に強く反対しており、緊張がさらに高まるのは避けられない情勢です。

プーチン大統領は日本時間の18日午後8時すぎから上下両院の議員や地方の知事などをモスクワのクレムリンに集めて、ロシアへの編入を求めるウクライナ南部のクリミア自治共和国について演説しました。
この中でプーチン大統領は、ロシアとウクライナの歴史的なつながりの深さを強調し、クリミアは、過去も現在もロシアにとって切り離せない土地だと述べました。
そのうえで、ウクライナの暫定政権には、ロシアに批判的な過激な勢力も含まれており、ウクライナのロシア系住民が安心して暮らせる状況ではないと批判しました。
そして、クリミアで16日に行われた住民投票は、国際法にのっとったものだと主張したうえで、「大多数のクリミアの住民とロシア国民が、クリミアのロシアへの編入を支持している。クリミアは、ロシアの一部だ」と述べて、クリミアをロシアに編入すると正式に表明しました。
続いて、クレムリンでは、クリミア自治共和国の代表らがロシアへの編入に関する条約に署名する式典が開かれました。
クリミアのロシアへの編入に向けた動きについて、アメリカやEU=ヨーロッパ連合はロシアが編入に踏み切った場合には、経済制裁を強化すると警告していただけに緊張がさらに高まるのは避けられない情勢です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140318/k10013074061000.html




刻一刻と問題が加速しているクリミア情勢。
私自身としては、これ、どっちつかずのままで良いと思うんですけれども。
と言うか……
コレ↓↓↓がある以上、民主主義国家としてはあまり大声で反論できないと思うんですよねぇ。

クリミア議会 ウクライナからの独立決議
3月17日 18時30分

クリミア議会 ウクライナからの独立決議
ウクライナ南部のクリミアで行われた住民投票の結果、ロシアへの編入が賛成多数で承認されたことを受けて、クリミア自治共和国の議会は17日、ウクライナから独立し、ロシアに編入を求める決議を採択しました。

ウクライナ南部のクリミアで16日行われたロシアへの編入の賛否を問う住民投票は開票作業が終了し、96.77%の賛成多数でロシアへの編入が承認されました。
これを受けてクリミア自治共和国の議会は17日、臨時議会を開き、主権国家としてウクライナから独立することや、外国と対等な関係を築くという決議を賛成多数で採択しました。
さらに、ロシア連邦の新しい共和国として編入を求める決議も採択されました。
ロシアのプーチン大統領は、これまで「クリミアの編入は検討していない」と述べる一方で、地元住民の意思は尊重する考えも示しています。
欧米各国が住民投票は違法だとしてロシアへのさらなる制裁に踏み切る構えを見せるなか、クリミアの議会の決議を踏まえ、プーチン大統領が最終的にどのような判断を示すかが焦点となります。

ウクライナ 兵士4万人動員へ
ウクライナ南部のクリミア自治共和国で行われた住民投票で、ロシアへの編入が賛成多数で承認されたことについて、ウクライナ暫定政権のヤツェニューク首相は「クリミアはウクライナの領土で、人々はウクライナ国民だ。いかなる住民投票も認められない」と述べ、改めて住民投票の合法性を認めない立場を主張しました。
また、ウクライナ議会は17日、予備役や志願兵の動員について審議し、45日以内に2万人をウクライナ軍に、2万人を内務省管轄の国家親衛隊に動員する決議を採択しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140317/k10013041531000.html




うちの親父と話していた時に、軍隊の駐留している状況での選挙なんざ意味がないと言ってましたが。
それでも……90%超の賛成多数での選挙でロシアに編入したいとクリミア住民が言っている以上、その議論も通用しない気がするんですよねぇ。
これが、51%の賛成多数でってんなら分かります。
暴力が意思決定に重大な影響を与えてしまったと言う理論も通じますから。
しかしながら、9割以上の投票が賛成ですよ?
しかも、棄権もそう多くない状況。

これに反対をしてしまうと……EUの「民主主義」で繋がった国家という前提が、意味をなさなくなると思うんですよ。。。

さて、どうなることやら。
私自身としては、日本はのらりくらりと適当に世論を躱しつつ、情勢を見極めた方が良いと思うんですけれど。
この問題、EUやアメリカに正義はなく、かといって軍隊を動かしたロシアにも正義はない。
喧嘩両成敗とはいかないものの、どっちの肩も持つに能わず。

……それが日本の態度で良いと思うんですけどねぇ。。。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。