FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■問題が分かっているじゃないですか。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


特定秘密保護法で「菅直人政権が行った都合の良い情報の隠蔽は起きない」
2013.12.10 00:40

 安倍晋三首相は9日夕、臨時国会閉幕を受け官邸で記者会見し、今月4日に創設された国家安全保障会議(NSC)の事務局となる「国家安全保障局」の初代局長に、谷内正太郎内閣官房参与を充てることを正式に表明した。谷内氏に関し「年明けに同局が発足したら、ただちに世界を飛び回ってもらう。各国のNSCを訪問して、緊密に連携させたい」と述べ、期待感を示した。

 NSCの設置と合わせて成立した特定秘密保護法については「国民の生命と財産を守るためには、一刻も早く制定することが必要だった」と意義を説明。さらに「秘密が際限なく広がるといった懸念の声があるが、そのようなことは断じてあり得ない。一般の人が巻き込まれることも決してない」と語った。

 同法に対して不安の声が出ていることに関しては「今後も国民の懸念を払拭すべく、丁寧に説明をしていく」と強調。「厳しい世論は国民の叱声であると謙虚に真摯(しんし)に受け止めなければならない。私自身がもっと丁寧に時間を取って説明すべきだったと反省している」と釈明した。

 また、平成22年の中国漁船衝突事件の映像を「秘密」扱いした民主党政権の対応に関し「当時は誰が間違った判断をしたか分からなかったが、今度は責任の所在が明らかになる。菅直人政権が行った政権の都合の良い情報の隠蔽(いんぺい)は起こらないと断言してもいい」と語った。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131210/plc13121000460000-n1.htm




……問題点が分かっているじゃないですか。
だからこそ、特定秘密を管理・判断するための確認を行う機関を、第三者機関として内閣から遠ざける必要があるんですよ。

確かに、現在の安倍内閣であれば、確かに尖閣の衝突映像は隠ぺいされないかもしれません。
ですが、いつまでも自民党政権が続く訳じゃないのです。
だからこそ……再び民主党政権のような連中が政権を獲得した時に、その法律を恣意的に運用できないようにする必要があるのです。
起こって欲しくはない事態ですけどね。

そういう現政権の良心に任せるような余地を残さず、常に適用できる範囲を制限し……そして、50年後くらいに一般人でも閲覧出来る仕組みを作り、秘密保護がしっかりと機能しているかどうかをチェックする。

それが、法律を作る時、配慮すべき点ではないでしょうか??

自民党が提出した段階の特定秘密保護法では、作り込みが浅いと思われたのは、そういう視野を持たず、政権内の害虫駆除ばかりに躍起になっていた所為だと考えます。
もう一度その害虫が猛威を振るった時の……最悪の事態への備えが欠けているのです。
勿論、維新の提言により、まっとうな法案へと近づいた訳で……これこそがしっかりとした民主主義の形だと確信する訳ですけれども。
訳の分からない反対ばかりをしていた政党が見受けられましたが、まぁ、アレはもう放置の方向で。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。