FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■いや、善意は良いんだけど。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター



金粉で描かれた高麗仏画、日本から500年ぶりに帰郷
OCTOBER 22, 2013 04:32

16世紀初め、日本へ渡った高麗仏画「金線描(金粉で描いた)阿彌陀三尊図」が約500年ぶりに故郷に戻る。東国(トングク)大学博物館(館長=チョン・ウテク)は21日、「恭愍(コンミン)王8年(1359年)に制作された高麗仏画と確認された金線描阿彌陀三尊図を国内に招待し、24日から1ヵ月間、特別展示室で公開する」と話した。

この高麗仏画は富士山の西側(北西側)にある山梨県甲府市のある寺院が所蔵してきた宝物で、1530年前後、そこに設置されて以来、一度も外部へ持ち出されたことがない。

阿彌陀三尊図とは、阿彌陀仏を中心に大勢至菩薩と観世音菩薩を左右に配置した仏画を言う。今回帰還する三尊図は、横85.6センチ、縦164.9センチの絹の掛け軸に群青色を塗り、金粉で描いた絵だ。高麗仏画は160余点が残っているが、絹に描かれた金線描画としては唯一のものだ。パク・ウンギョン東亜(トンア)大学教授は、「当初、高麗仏画の特色を持った朝鮮初期の仏画と思われていたが、昨年、画記が発見されたため国宝級に格上げされた」と評価した。

意味深いのはこの仏画の初の一般公開が韓国で行われるという点だ。この仏画は日本の寺院でも1年に1回、それも特別な信徒に限ってのみ親見が許された。寺の名前は公開しないことを望んだ磯具大徹(73)住職は、「最近冷え込んだ両国関係を民間レベルで少しでも緩める契機になってほしいという気持ちで展示を許諾した」と話した。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013102258328




1.向こうが所有権を主張して返って来なくなる。
2.公開中、普通に盗難される。
3.管理が杜撰で、ズタボロになって返ってくる。
4.問題なく戻って来る。


私は、上から順に確率が高いと推測します。
35%,27%,22%,14%ってところでしょうか?
まぁ、何事もなければ良いのですけれど。

……世の中、善意では回っていません。
特にあの半島は、最低の悪意を向けられることを予測して動かないと……



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。