FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■激戦、でしたねぇ。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


井岡、KOで2度目の防衛=宮崎も王座統一―WBAダブル世界戦
時事通信 9月11日(水)21時26分配信
 世界ボクシング協会(WBA)のダブルタイトルマッチ12回戦は11日、大阪市のボディメーカーコロシアムで行われ、ライトフライ級チャンピオンの井岡一翔(井岡)と、ミニマム級王者の宮崎亮(同)がともに2度目の防衛に成功した。
 井岡は同級5位のクワンタイ・シスモーゼン(タイ)を7回2分17秒KOで下した。序盤から多彩なパンチで圧倒。最後は攻勢から左フックで倒した。戦績は井岡が13戦全勝(9KO)、クワンタイが43勝(22KO)2敗1分け。
 王座統一戦に臨んだ宮崎は、暫定王者で同級1位のヘスス・シルベストレ(メキシコ)に2―0の判定で辛勝。終盤のダウン寸前のピンチをしのぎ、王座を統一するとともに防衛を重ねた。宮崎は20勝(11KO)3分け、シルベストレは27勝(20KO)4敗。
 日本ジム所属の男子現役世界王者は、史上最多の10人(WBA暫定王者除く)のまま。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130911-00000165-jij-spo




まず、宮崎VSシルベストレの方から。
……辛勝、というか、地元でちょっと有利にしてもらったから何とか勝ちを拾えたのかも……と、言いたくなるほどギリギリの戦いでした。
宮崎チャンプはもうちょっと最初の方から足を使っていれば……と思うほど、撃ち合った序盤に比べて足を使った中盤は有利に試合を進めていましたし。
ただ、後半に入って両眼をやられてからは地獄と言うべきでしょう。
距離感が掴めないままに、上手く打ち返し押し返し……ギリギリでしのいだという。
ラスト二つのラウンドなんて絶対に相手見えてませんでしたよ、アレ。
最後の最後、絶対に倒されると思ったあの瞬間に、手を出して打って相手を引かせたあの気迫が、最後の1ポイントだったと確信しております。
というか、あそこで打ち負けていたら判定でも負けていたんじゃないかなぁってほど、際どい勝利でした、はい。
井岡戦でちょこっと映った姿が……もうボロボロで。
恐らく、どっちが勝ったのかすら分からないほどの接戦で、実に見応えのある試合で御座いました。
最強の挑戦者という宣伝に全く偽りがなかったと言えるでしょう。
そんな相手に自ら望んで戦いを挑む……宮崎チャンプのその勇気を讃えさせて貰いたいところです。

で、次の井岡戦。
井岡の顔と髪型がどうも気に入りませんでした。
と言うか、それくらいしか突っ込むところがありません。。。
早いジャブを的確に当てて行き、相手に疲労が見え始めたらボディ主体に上下を打ち分け、最後は下に意識を向けたところで左フックを絶妙なタイミングで決めるという。
セオリー通りの、文句のつけようのない試合運びだったと言えるでしょう。
ま、序盤にちょっと入れ込み過ぎだったのか、不用意なところがありましたから、口を挟むならその辺りでしょうねぇ。。。

と、ボクシング素人ながらに試合を解説したらこんな感じでしょうか。

ちなみに。
一つだけ気に入らなかったのはいつものあのアナウンサー
日本人と外国人ですから、日本人贔屓になるのは仕方ないでしょう。
ですが、それでも……ちょっとばかり日本人側の打撃を強調し過ぎじゃないでしょうか??
一戦目で注意されたのか、井岡の時はもうちょっとマシになってましたけれど。
メキシカンの多彩なパンチとか、相手選手の良さも強調し、視聴者にボクシングの奥深さを知ってもらうようなアナウンスをすることこそ、ボクシングブームを造ろうとするならば当然のように必要なスキルじゃないでしょうかねぇ??

いや、テレビ側がブームを作りたいのは分かりますが、その商売っ気丸出しの行動は気に入りません。
気に入りませんが、生憎とボクシングはどんな脚本を書いていても、八百長とかをしない限りはたったの一発で試合がひっくり返る非常にリスクの高い緊迫感溢れるスポーツです。
ですから、スポーツ振興に留めてくれるのであれば、そして亀田みたいな下手な売り込みと噛ませ犬相手に無意味な盛り上げをして白けさせないのであれば、ボクシングブームは望むところと言わせて頂きます。

……要は、テレビ側が変にボクシングに介入せず、淡々と試合を中継するなりして流してくれれば、スポーツってのはそれだけで十分に視聴率が取れるだろう、と言いたいのですけれど。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。