FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■違います。恥じるべきなのです。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


「一票の格差けしからん」聞いたことない! 自民から異論続々

2013年4月12日 朝刊

 衆院の憲法審査会は十一日、第六章「司法」を議論した。この中で、自民党議員が、先の衆院選での「一票の格差」をめぐり、全国の高裁で相次いだ違憲・無効判決に対し、相次いで異論を唱えた。
 自民党の中谷元氏は、選挙に関する事項は法律で定めると規定した憲法四七条を挙げ「選挙制度は憲法が直接法律に委ねている。適合するかの判断は第一義的に国会に委ねられる」と指摘し、司法が選挙制度に異論を唱えることに反発。「選挙区は人口比のみでなく、地勢や交通事情を総合的に考慮して定められるべきだ」と一票の価値だけで制度を評価すべきではないとの考えを示した。
 同党の土屋正忠氏も「『鳥取と東京に一票の格差があるからけしからん』という声を、聞いたことがない。国民感覚を代弁しているのか」と高裁判決を批判。憲法の解釈についての判断を下す憲法裁判所の設置を提唱した。
 同じく同党の高鳥修一氏は「判決は重く受け止めなければならないが、裁判所の判断には誤りがないことが前提になってしまっている」と、司法に対するチェック機能強化を求めた。
 最高裁は二〇一一年三月に衆院の選挙制度が違憲状態と判断。国会はその状態を二年近く放置したまま昨年末の衆院選を行った。そのことが今年に入ってからの一連の高裁判決につながっているが、そのことに対する反省の弁は、同党議員からは、ほとんど出なかった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013041202000132.html




中谷元氏は握手したこともあり、さり気に応援している方ではありますが。
(残念ながら選挙区は違いますけど)

それでも、間違いは間違いと言わせて頂きます。
一票の格差はけしからんもので、恥じるべきです。

ただし、世間一般で語られるような定数削減という解決策では何の意味もないということも付け加えさせて頂きますが。

そう。
一票の格差が出来たのは、過疎高齢化で地方の人口が減ったからです。
だからこそ過疎地の一議席当たりの人口が減り、逆に都市部は人口が増え続けた所為で、一票の格差が広がっているのです。
それを解決するために定数を削減しても意味なんかありません。
過疎地の発言力が減り、事業が無くなり、働き口がなくなり、ますます過疎高齢化が進み、一議席当たりの人口はますます減って行くでしょう。


つまり、定数削減では何の解決にもならないのです。

では、どうするか?
過疎地に補助金を投入し、インフラを整え、しっかりと労働力を定着させる必要があるのです。
そうすれば人口は自然と増え、一票の格差はなくなるのです。



過疎高齢化が進んだのは、言いたくはありませんが自民党による長年の政治の、都市一極型政治……まぁ、自由主義に任せればそうなるのは必然だったのでしょうが……その都市一極型政治が原因なのです。
勿論、世界第二位……中国の統計はいまいち信頼できませんが、三位になったんでしたっけ……とにかくそれだけの経済成長を達成したのも自民党のお蔭というのは事実です。
が、しかし。
その副産物として地方を疲弊させ、過疎高齢化を進めたのが自民党の所為であるのは違いありません。
つまり、一票の格差が生まれたのは、言ってしまえば自民党の失政の所為なのです。


だからこそ、開き直るのではなく、自民党は過疎高齢化を止められないことを恥じるべきなのです。
そして、過疎高齢化を解消することをもって一票の格差を是正していくと堂々と胸を張って語るべきなのです。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。