FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■不況による毎年21万人の死者。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


「少子化対策は妊娠中絶問題から」 自民・野田総務会長

■野田聖子・自民党総務会長

 年間20万人が妊娠中絶しているとされるが、少子化対策をやるのであればそこからやっていかないと。参院選後に党内の人口減少社会対策特別委員会で検討してもらうつもりだ。堕胎を禁止するだけじゃなくて、禁止する代わりに例えば養子縁組(をあっせんするため)の法律をつくって、生まれた子供を社会で育てていける環境整備をしなきゃいけない。(佐賀県武雄市で記者団に)

http://www.asahi.com/politics/update/0223/TKY201302230191.html



そうですね。
堕胎を禁止したところで、何の意味もないでしょう。

何故ならば。
堕胎の原因はこちら↓↓↓だからです。

1% 近親相姦や強姦による妊娠
1% 胎児に致命的な異常がある場合
4% 母体の健康
50% 片親、夫婦間の問題
66% 経済問題
75% 自分たちの生活のため



はい。
ほとんどが生活上、経済的理由なんですね。
つまり、堕胎を禁止したところで、一家心中もしくは捨て子が流行るだけで終わります。

それに禁止すれば上位三つ……近親相姦・強姦被害者、胎児の異常、母体の健康にはどう責任を取るのでしょう??

そう。
結局は、経済が上向きになれば堕胎なんて減るのです。
アホなことを言っているクズ……経団連のなんとか会長などは労働者を使い潰すことしか考えていないみたいですが。
その労働者の不遇こそが、堕胎を創っているのです。
まぁ、全ての原因は不況だと思いますけれど。
堕胎数が年間20万とされている以上……

不況が日本人の子供を年間に20万人殺しているのにも等しいのです!!

って、自殺者も考えてみましょう。
年間3万人を数えていると言われている日本の自殺者。
その原因は……

2010年の場合、自殺の原因は「健康問題(=病気)」(15802人)、「経済・生活問題(=貧困)」(7438人)、「家庭問題」(4497人)、「勤務問題(=仕事・職場の人間関係)」(2590人)の順
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%AE%BA#.E8.87.AA.E6.AE.BA.E8.80.85.E6.95.B0.E3.81.AE.E6.8E.A8.E7.A7.BB


……だそうです。(原因が特定できる74%のみを計上)
つまりが、まぁ、不況の所為で一万人は死んでいると考えても良いでしょう。

早い話が不況で日本人が年間21万人死んでいるのです!!

原爆の死者が凡そ15万人くらいですから……
今の日本は毎年原子爆弾1・5個を喰らっているような状況なのですよ。

これを放置するのは論外でしょう。
とっととデフレ脱却を。
そして労働者が今以上の不遇を被るような、TPPは論外です。

企業がいくら儲けても、GDPがいくら増えても、労働者の生活が悪化するようなら何の意味もありません。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。