FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■だから、これが中国なんですよ。。。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


フィリピンの国際裁判所提訴に中国反発「裁判長は日本人だ!」
サーチナ 2月21日(木)11時4分配信
 フィリピン外務省は20日、南シナ海の島における中国との領有権争いについて、国際海洋法裁判所に仲裁を求める考えを改めて示した。中国政府・外交部の洪磊報道官は同日の記者会見で「はっきりと反対する」と表明。中国国営の中国新聞社は、フィリピンの動きを批判する記事中で、同裁判所の裁判長は日本人であり、しかも改憲問題に積極的な人物だと警戒を示した。

 中国とフィリピンは南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)やスカボロー礁(中沙諸島黄岩市間)の領有権を巡り対立している。フィリピンはすでに1月、同問題を国際司法機関にゆだねる考えを明らかにしていた。

 フィリピン外務相は20日、同問題について国際海洋法裁判所に仲裁を求める考えを改めて示し、「中国が加わっても加わらなくとも、提訴の手続きを進める」、「手続きは21日に始める」、「わが国は3、4年の時間をかけて提訴の結論を出すつもりだ」と

 中国外交部の洪報道官は、「フィリピンは南シナ海行動宣言の署名国であり、同宣言を全面的に真摯(しんし)に実行するとの宣言を受け入れた」ことを理由として、領有権を巡る問題を国際司法機関にゆだねることに「はっきりと反対する」などと述べた。

 南シナ海行動宣言は、東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国が2002年に交わした承諾事項で、南シナ海における領有問題を国際法の原則にもとづき、平和的手段で解決することを謳(うた)っている。同宣言には紛争の複雑化を自制する内容も盛り込まれている。洪報道官の発言では、フィリピンが問題を国際司法機関のゆだねることが、南シナ海行動宣言のどの部分と「矛盾」するかは示されなかった。

 中国新聞社はフィリピンの動きを批判する記事中で、同裁判所の裁判長は日本人の柳井俊二氏であることを強調した。柳井氏は中央大学法科大学院教授(国際法)で、駐米大使の経験もある。2005年に国際海洋裁判所判事に就任し、11年には裁判長に選出された。

 中国新聞社は柳井氏を、安倍晋三首相が07年に集団自衛権に関連する改憲問題についての私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の座長を務めたとして批判的論調で紹介した。

**********

◆解説◆
 中国メディア、とりわけ国営や共産党関連のメディアの政治的論調は、当局の意向が反映されて当たり前と考えてよい。領土問題については、どの国の政府も「自国の言い分は完全に正しい」と主張するものだが、報道が統制下にある中国では、国際司法裁判所への訴えを自国政府が拒絶したとなれば、一般大衆の間で自国政府の従来からの主張に対する疑念が生じるリスクが大きい。

 国際司法機関の責任者が領土問題で中国と対立する日本人との説明は、提訴を拒絶ことについて、中国政府の威信を保つための“うってつけ”のイメージ戦術と解釈することができる。

 また、中国人の間では国際法などに対する不信感も根強い。「帝国主義の時代から、欧米列強が自らの都合のよいように定めたルール」との認識があるためだ。国際法の歴史的形成の過程をみれば、「列強のためのルール」との見方にも一理あるが、国力が十分に向上した中国に“被虐的歴史観”がいつまでも残ったのでは、国際社会との「物の見方の齟齬(そご)」がさらに拡大する恐れもある。(編集担当:如月隼人)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130221-00000015-scn-int




南沙諸島の領有権がどうなっているのかは突っ込みません。
色々とややこしいみたいなので。
ただ、中華人民共和国に一切の分がないことだけは確かでしょうが。

それは兎も角。
ニュースに話を戻しますと……

これが、中国なのです。

正義も悪も法も規則もありません。
正義は力で、弱ければ悪。
法や規則は袖の下で捻じ曲げられてしまう程度のもの。
だからこそ、裁判を信用しておりません。
法の適用を信用しておりません。

それは中国本土において共産党員によって法が力によって捻じ曲げられるのが常だからでしょうけれど。

つまり、どれだけ経済的に進展したとしても、中国が共産党の一党独裁である以上、法治は望めません。
法と規則を守る人間を期待できません。
当然ながら契約を守ることも期待できません。


ちょっとだけ考えてもみて下さい。
法律で縛られないというのがどういうことか。
道端を歩いていて、隣の人が殴りかかって来ないのは何故でしょう?
法律があるから、良心があるから、損得を考えられる知性があるからです。

その大本の法律を守る気がなく、反日教育の所為で日本人に対してだけ良心が働かない集団が住んでいるのが中国大陸という場所です。
……いや、元々中国人の良心って、身内にしか働かない傾向がありますが。
と言うか、身内以外を人間として認めていない、認めると暮らしていけないってことでしょうが。
それを考えると、周囲の人間全てが肉食の野生動物と変わりません。
まさにこういう状況です↓↓↓。

wani.jpg

……そういう肉食動物の群れが巣食っているのと変わらない場所に、NHKを始めとするマスコミは中小企業の進出を呼び掛けていたのです。
あ、政府もか。

兎に角、過ちは須らく是正されなければなりません。
各々の企業は、とっとと中国大陸からの撤退を進言致します。
そもそもあんな大気汚染のど真ん中では、人間を配置するだけで後々に健康被害の訴訟を喰らうでしょうに。。。
企業を経営する方々は、健康、安全という日本では当然のようにある二つの備え付け商品が、実は凄まじい高級品だというのを理解するべきなのです。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。