FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■確かに、似てますよね~。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


第二次大戦前と同じ道をたどる日本=安倍首相は、歴史の報いを受けないように気をつけよ―中国紙
Record China 1月16日(水)18時0分配信


14日、環球時報は日本沖縄・中国観光業振興連合会の劉剛理事長のコラムを掲載した。写真は2012年10月、湖北省の書店。緊急出版された書籍「釣魚島は中国のもの」が平積みされている。
2013年1月14日、環球時報は日本沖縄・中国観光業振興連合会の劉剛理事長のコラム「現在の日本は第二次大戦前とよく似ている=歴史の報いを受けることのないよう安倍は気をつけろ」を掲載した。

【その他の写真】

2012年末の衆院選で自民党が圧勝したが、日本社会にとってその意味は大きい。財政的余力もない中で山積した難題に、誰も解決策が出せないでいる。しかし唯一、領土問題だけは「中国の脅威」を建て前に民意を扇動できる話題だ。ゆえに安倍内閣は誕生するやいなや、すぐにこの“処方”に手を出した。

追い込まれた今こそ日本の政治家にとっては歴史的なチャンスだろう。そもそも尖閣問題は早急に解決できるものではない。日本の指導者は今こそ長期的な視野で日中関係の“解凍”に取り組むべきだ。

だが、ここ数日の安倍内閣の行動は私を不安にさせるものだった。就任演説では中国批判を控えたのにも関わらず、今度は中国包囲網を形成するための積極的な東南アジア外交を繰り返し、さらにはNATOにまで中国包囲網に加わるよう親書を送った。

現在の日本は第二次大戦前によく似ている。経済の低迷が政界と社会に軍国主義をはびこらせ、周辺国の懸念と警戒が日本を軍事化とポピュリズムへの誤った道に追い込んでしまう。がこの悪い流れを引き戻すべく、今こそ賢明な政治家力を尽くさなければならない。

もし安倍首相が大きな流れに流されることなく任務を果たせたならば、田中角栄や村山富市と同様に、英雄として東アジアの歴史に記録されるだろう。もしそうでなければ歴史によって、その罪の報いを受けることになるだろう。(翻訳・編集/KT)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130116-00000027-rcdc-cn




ええ。
確かに似てますよ、第二次大戦前と。

中国……清朝最後の皇帝溥儀の要請に従い、日本国の負担で満州国を建設。
日本人は中国人を助け続けました。

実際、満州国は女真族以外にも漢民族や何やらと五族協和を訴え、中国に様々なインフラを投資しました。
そのお蔭で、満州国は女真族のみならず漢民族も大量に移入してきたのです。

だと言うのに、中国人……漢民族のやらかしたことは、暴動、テロ、虐殺。
そうして日本人はいい加減にブチ切れて、南京を制圧。
逃げまどう中国共産党のカスどもは兎も角、国民党は便衣兵などの市民を盾に使う戦法を平然と取ったばかりか、市民を巻き添えにするテロ行為を行い、市民から略奪を平然と行う始末。


ええ。
市民を扇動し、市民が行ったかのような暴動を共産党が仕組む。
中国の発展を助けようと援助し続けた日本に対して。


……第二次世界大戦時の日中関係と確かに同じですよ。
同じ道と言われても反論のしようがありません。


ただ一つ。
前回と違うのは、アメリカが日本の同盟国であるという点。
しかも日本企業はトヨタのようにアメリカ人の雇用を手助けしていますけれど、中国企業はアメリカから雇用を奪ってばかりで、しかも不良品が多数あり嫌われておりますよね?
その上、あの当時とは違い、ロビー活動やマネーによるマスコミ掌握をしても、インターネットで裏から情報が流出する、そういう時代になっているのです。
植民地を拡大していた当時のアメリカとは違い、今のアメリカは利益は得ようと画策しても、領土を欲しがったりはしておりませんからね。

つまり、戦前と違い、日米が戦争をする必要がないということです。
流石に中国に裏から兵器を援助し始めたりされると、国民感情は非常に悪化するとは思いますが、今のところはそういう気配もないし。

で??
日本は第二次大戦と同じ道をたどる??
もしあの時、アメリカやヨーロッパ列強が日本の燃料を止めなかったら、さてどうなっていたでしょう??
……中国共産党は、もしかしてその身で試すつもりですか??



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。