FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■兵法の基礎から学び直せ。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


何やら中国が勇ましいことを言っているようですが……

「戦争の準備をせよ」対日想定…中国軍指導部が全軍に指示
2013.1.14 19:03
 【北京=矢板明夫】中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していたことが明らかになった。14日付の軍機関紙、解放軍報などが伝えた。また、国営中央テレビ(CCTV)など官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定した特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおっている。

 沖縄県・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、習近平新指導部がその準備と雰囲気作りに着手し始めた可能性がある。

 解放軍報によれば、総参謀部が全軍に向けて出した2013年の「軍事訓練に関する指示」の中で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応できるよう部隊の訓練の困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、「軍の情報化や部隊間の横の連携の重要性」などを強調する内容が中心で、今年のような戦争を直接連想させる表現はなかった。

 中国指導部が戦争準備に向けて大きく一歩踏み込んだことがうかがえる。

 同紙は今年の訓練目標について、昨年11月に就任した習近平・中央軍事委員会主席の重要指示に基づいて作成したと解説している。

 また、中国の主要メディアは今年に入って、「尖閣戦争」を想定した番組を連日のように放送している。中国軍事科学学会の副秘書長、羅援少将や、元海軍戦略研究所長の尹卓少将ら多くの軍関係者が出演し、主戦論を繰り広げている。そのほとんどは習総書記と同じく太子党(元高級幹部の子弟)のメンバーで、習総書記の意向が反映している可能性が高い。

 一方、日本と外交交渉を通じて尖閣問題の解決を主張する学者らはほとんどメディアに呼ばれなくなったという。ある日本研究者によると、最近北京で行われた尖閣問題に関するシンポジウムで、「論争の中心は対日戦争を小規模にとどめるか、全面戦争に突入するかが焦点になりつつある。小規模戦争を主張する人はハト派と呼ばれ、批判されるようになった」という。

 共産党筋によれば、習近平総書記は昨年11月の党大会で、軍人事の主導権を胡錦濤国家主席が率いる派閥に奪われた。習氏は現在、軍内の保守派と連携して、日本との軍事的緊張を高めることで、自身の求心力を高め、主導権を取り返そうとしているとみられる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130114/chn13011419050004-n1.htm



中国の指導部連中は、まず自分たちの国で語られてきた兵法の基礎から学び直した方が良いと思われます。
いや、冗談抜きで。

中国の兵法家である呉子曰く。
「まず和してしかる後に大事をなす」と。
つまり、戦闘に当たっては団結がなければ決戦に出るべきではないと語っております。
早い話が、チベットやウィグルに反乱分子を抱え、国内の農工が暴動を起こし続けている現状で、外部に敵を作るのは自殺行為以外の何物でもない、ということです。
そんな状況で戦争をしかけたところで、勝てる筈もありません。
内部崩壊を起こして自壊するのが関の山でしょう。

更に呉子にあります。
戦うべきではない相手として。
人口が多く人民が富んでいる敵(土地が広大は敢えて除きます)
隣国や大国の援助がある敵。
兵力が多く、装備が整っている敵。

他にも、君主が人民を愛し、その恩恵が行き渡っている国とか、賞罰が明確だとか、有能な人間が上層部を占めているとかが続きますが、そういうのはちょっと日本は除外されそうなので置いておいて。
少なくとも、人口が多く、装備が整っていて、大国の援助がある国は攻めるべきではない……と、呉子は説いているのです。

更に。
戦争は兵力の多寡によって決まるのではなく、その兵力を治しなければ何の役にも立たないと。
治とは命令一丸になって行動する、秩序ある軍隊のことです。
つまり、一人っ子政策で士気は上がらず、兵力をかき集めただけの中国軍では何の役にも立たないということです。

そもそも、兵法の基本は敵を最小限に、味方を最大限にすることです。
四方八方に敵を作り続けた中国が、周辺諸国と同盟関係を強化しつつある日本に対して攻め込んだところで、ろくな結果が訪れる筈もありません。

ちょっとばかり兵法を学んでいたとしたら、この国際社会の現状と日本と周辺諸国の状況を考えれば、間違いなく攻め立てるのは悪手だと分かる筈です。
だからこそ、中国には一言だけ言いたいのです。

「兵法の基礎から学び直せ」と。
何しろ自分の国で作られた兵法ですからね。
学ぶならば幾らでも頑張れる筈です。
そして、現代であってもその基礎は間違いなく通じます。
だから、中国はまず勉強するべきなのです。
馬鹿には、国家は治められませんから!!


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。