FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■満点の答です。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


自民・安倍総裁「1ミリも譲る気はない」 米国務副長官と会談
2012.10.15 17:46

 自民党の安倍晋三総裁は15日、米国のバーンズ国務副長官と党本部で会談し、沖縄県・尖閣諸島について「(中国と)話し合う余地はない。領土問題はないのだから、1ミリも譲る気はない」と述べ、日中間に領土問題が存在しないことを明確に主張した。「こちらの考え方を見誤らないように(中国側に)伝えてほしい」とも付け加えた。

 安倍氏は、米政府が対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の適用範囲であると明言する一方で領有権については中立としていることに対し、「(日本と米国は)同盟国なのだから、日本に寄ってほしいというのが日本の考えだ」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121015/plc12101517480007-n1.htm



まぁ、軍事的に自立できないのは、日本の状況上仕方ないのかもしれませんけれど。

この尖閣諸島の認識は一部の隙もない、満点の答だと思います。
尖閣諸島は中国側が勝手に自国領土と喚き、横合いから奪おうと侵略の手を伸ばしているだけのものであり。
そんな無法に対して譲歩をしてはいけません。

現に、無法を容認する形で中国人船長を解き放った民主党政権。
現在はもう完璧に舐められ、次々に漁船が訪れたかと思いきや……


野田政権「相手とせず」強まる=信頼失った日中関係-尖閣国有化1カ月・中国
 【北京時事】日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を国有化して11日で1カ月。この間、中国共産党・政府は国有化を「戦後国際秩序への重大な挑戦」と訴える対日強硬路線を崩していない。「日中関係は戦後最大の危機になるかもしれない」(日中関係筋)との見方も浮上する中、中国側は信頼が失われたとして野田佳彦政権を相手にしない意向を強め、日本の次期政権が尖閣問題で軟化することに期待を寄せているもようだ。 
 8日付の共産党機関紙・人民日報は、7日まで8日間続いた国慶節(建国記念日)大型連休中も尖閣諸島周辺で、中国の海洋監視船と漁業監視船が主権維持活動を続けたと強調。「中国にはこうした堅守が必要だ。堅守がなければ、中国の領土主権も合法的権益も守り抜けず、国民も安心して楽しく祝日を過ごせない」(同紙)。「休みでも手を緩めない」とのメッセージを日本政府に送った。
 歴史問題などの要素が複雑に絡み合う日中関係では1972年の国交正常化以降、大局を維持するため両国の指導者らは「信頼」の名の下に友好関係維持に努力してきた。周恩来、田中角栄両首相が国交正常化時に「棚上げ」の共通認識を有していたと中国側が主張する尖閣問題に関しても「両国で触れない方がいい一線ととらえられてきた」(日中関係筋)のが現実だ。
 しかし民主党政権になって、2010年の中国漁船衝突事件で逮捕した中国人船長に対し国内法での司法手続きを進めたのに続き、今回も日本国内のルールに基づき尖閣国有化に踏み切った。中国側は「棚上げ論」という「信頼」が一方的に破棄されたと認識し、「カイロ、ポツダム両宣言という戦後秩序のルールを持ち出して対抗した」(中国人研究者)というわけだ。
 さらに11月8日開幕の共産党大会で胡錦濤国家主席から習近平国家副主席へと指導部が移行するのを控え、領土主権の絡む尖閣問題で「強硬路線」以外の選択肢はなかった。中日友好協会会長の唐家※(※=王ヘンに旋)前国務委員は9月27日に会談した河野洋平前衆院議長ら日中友好団体会長らに対し、ロシア・ウラジオストクで同月9日に胡主席と立ち話をした翌日に野田政権が国有化を決定したことに「メンツをつぶされた」と不満を示した。
 だが、複数の外交筋によると、日本側はそれ以前に国有化に関する方針を伝達。日本側が望んだウラジオストクでの首脳対話は直前になって中国側からの申し入れで立ち話として実現したという。
 胡主席は直接、野田首相に翻意を促すことで、メンツを損なうことを知りながら立ち話に応じた可能性が高い。日中関係筋は「柔軟に対応しようとした中国外務省の意に反し、胡氏をはじめ中南海(国家指導部)が強硬路線を主導したのは確実だ」と解説した。(2012/10/09-16:27)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012100900631&g=pol



こんなことまで言われている始末です。

強盗に譲歩をしてどうしますか??
譲歩して譲歩して相手の顔色を窺ったら、結局は相手にならないと馬鹿にされて終わる。
それが外交の現実なのです。


という訳で。
もう民主党政権は話にならないから、とっとと消えてくれ……と、思うんですが。
何か、最悪のニュースが飛び込んできたんですよね~~。

鳩山氏が最高顧問に復帰=民主
2012年 10月 16日 17:06 JST

 民主党は16日の常任幹事会で、鳩山由紀夫元首相が最高顧問に復帰する人事を了承した。鳩山氏は消費増税法に反対することを理由に、衆院本会議採決前の6月26日に最高顧問を辞任。造反後の7月9日に受けた党員資格停止3カ月の処分期間が先に終了していた。 

[時事通信社]

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_530589



……お願いですから、日本の傷が最小限で済みますように……
もう天に祈るしか出来ません。
だって、解散して総選挙という、国民の権利を行使する場面すら存在しないんですもの。。。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■Re: 満点の答です。 [うたのすけ]

鳩山がまだ国会議員として存在しているとは驚きです。
普通の会社なら、誰が見てもあれほどの禍根を残した人は・・・
政界というのはなんと不思議なところ!

■Re: 満点の答です。 [umama01]

要は……氏を起用することで、『党』に与えた損失を上回るだけの利益があるということでしょう。
……つまり、金??
ここで問題なのは、政治家は『国家』『国民』に与えた損失と利益を考えなければならないのに、『党』のみを考えた人事を行っている点ですよね。。。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。