FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■これは、韓国が正しい。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


サムスン・LGの有機EL技術流出 「国家的損失」韓国で大騒ぎに

 薄型テレビで世界トップシェアを争う韓国サムスン電子とLG電子。その最先端技術に関する情報が、イスラエル企業を通じて海外に流出し、韓国検察が捜査に乗りだした。流出したのは、韓国経済を牽引(けんいん)する両社が今後の世界戦略の中心に据える有機EL(エレクトロルミネッサンス)テレビ技術。韓国では「国家的損失だ」と大騒ぎになっている。

 海外への情報流出が明らかになったのは、韓国勢が技術面でも世界で先頭を走るアクティブマトリクス式有機ELパネル製造技術。これまで主流だった液晶パネルが、画像などを表示する際にバックライトなどの発光体を備えなければ機能しなかったのに対し、有機ELはパネルそのものが光を出す性質を持っているため、ディスプレー装置の大幅な薄型・軽量化が可能となる。次世代の大型薄型テレビやスマートフォンのコア・テクノロジーと目される技術だ。

 韓国メディアによると、サムスンは4年の期間と1兆1000億ウォン(約759億円)を投じて同技術を開発したとされる。韓国では法律で「中核産業技術」に指定され、「産業界の国宝級技術」(韓国司法当局幹部)と形容されるほどだ。韓国検察によると、流出事件は、昨年11月から今年1月までの間に、サムスンとLGのパネル工場に検査機器の点検を装って出入りしていたイスラエルの検査機器供給会社の韓国支社に勤務する韓国人社員らが、設計回路図を撮影する手口で起きた。カード型USBメモリーなどに保存したデータを財布やベルト、靴などに隠して持ち出したという。すでに逮捕者が出ており、捜査の過程で、盗み出された技術情報が中国や台湾の企業に売却されてしまった可能性もあることが判明。サムスン、LGの経営陣に衝撃が走っている。

 次世代テレビの主力と目される有機EL技術は、ソニーが2007年に11型テレビを発売し先行したが、価格面などで成功しなかった。韓国勢は着々と開発を進め、サムスン、LGは、年内に55型の有機ELテレビを発売する予定を明らかにするなど、独走態勢にある。一方で、中国・台湾勢の追撃も急で、韓国勢にとって最大の懸念となっていた。その中で起きた今回の事件とあって、両社は技術流出の損害を「天文学的」と指摘し、「ディスプレー産業界の勢力図が塗り変わる恐れすらある」と指摘している。ただ、この技術をめぐってはすでに、LG側がサムスン側から人材を引き抜いて情報を得た疑いが持ち上がり、刑事事件にまで発展している。

 今年4月、サムスンの子会社「サムスンモバイルディスプレー」でパネル開発にかかわった40代の元研究員が、産業技術の流出防止および保護に関する法律違反などの容疑で逮捕された。この元研究員は、サムスンの新型ディスプレー方式の開発を主導しておりLG側に1億9000万ウォンの報酬で技術情報を引き渡したという。さらに、LG側が事前の約束に反して役員ポストの提供を拒むと、今度は中国企業に接触して「技術の二重売り」(サムスン関係者)を図ったとされるから、韓国企業間の「仁義なき戦い」ぶりもすさまじい。

 事件を受けサムスン側は声明を出し、「(会社ぐるみの)犯罪だったことを認め、事件にかかわった経営首脳部の誠意ある謝罪を望む」とした上で、事件を「技術と人材流出の犯罪」だと断罪した。これに対しLG側は「国内には高度なディスプレー製造企業が2社しか存在せず、人材移動は不可避。こうした状況を無視して国内での人材再活用を滞らせれば、優秀な人材は海外に流出する」とし、これを防ぐためには「人材の国内での囲い込み」が必須であると反論している。

 最先端技術や人材の流出をめぐっては従来、日本から中台韓への流れが大きな問題とされてきた。技術流出は電機や自動車分野だけにとどまらない。今年4月には、新日本製鉄が韓国の世界的製鉄会社「ポスコ」や元社員を相手取り、1000億円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。「企業は、どこの国であろうと、巨額の開発費をかけた技術の流出防止のため、次には人材引き留めにもカネと神経を消耗しなければならない時代になった」。韓国に駐在するある日本メーカーの幹部は、こう指摘している。(ソウル 加藤達也)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120716-00000501-fsi-bus_all



正直に言うと、盗まれまくっている日本側からしてみれば、韓国がこういうことを言うと……
「お前が言うな」
という一言で終わらせてしまいそうですけれど。。。


        _,.... -─-r‐- 、 __
       /,シ/ィ /lj !ヽヽヽヽ\
     // / ///l|ハl | ヽ丶ヽヽヽ
    ,.'// 川 | | |l-ゝ! 、 ! | l l | l ヽ
    !イ //!j !l | l、ゝ==、` lj y'jヾjノ
     | !/,.- 、!|ヾ!` ヽヾ;;シ   ィ;}'´
    l ハ rソミ、    `''"  丶ヽ
    ヽ!j,ヘ、ヽ,!   ""     _   j
       ゞ彡ゝ、  u     /
       | rヽ`フヽ     _____/
      ! lハYゝ,l     !
     j /∠ミヽ ヽ、_   ゝ- 、
      l/ l    ヽミΞ=-ニヽ_!lト、

   御前賀 夕菜(1991~ 日本)


個人的に好きなaaを貼らせて貰いましたが。。。

実のところ、コレ……正しいのは韓国側の態度だと思います。

自国内において世界で先頭を走るような、素晴らしい製造技術。
そういうのが流出し、国家レベルでの損失が懸念される場合、国家規模でその流出経路を特定し、同じ事件が二度と起こらないように措置を取る。

兎に角、国家レベルで騒ぐことが大事なのです。
そうすれば技術者側も流出を懸念しますし、安易に引き抜きにも応じないでしょう。
同時に、企業側も技術流出の問題を自覚し、技術者の待遇を良くしようと考えるでしょう。


そういう態度が、日本にこそ足りていないのだと思うのです。
だからこそ、韓国程度に日本は散々技術と技術者を持って行かれ、盗作によって幾つもの分野で敗北を喫することになってしまいました。
はっきり言って、冗談ごとじゃないのです。

だからこそ、こういう問題においては、韓国の国家を挙げて騒ぐ態度こそが、実のところ正しい措置ではないかと言いたいのです。
盗む方を見習っちゃダメですよ??
あくまで、技術漏えいに対する危機感について、です。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。