FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■防災をバラマキってアホか??

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


古賀茂明「日本再生に挑む」
官々愕々
「増税は社会保障のため」は真っ赤な嘘


 6月26日、ついに消費増税法案が衆議院を通過した。

 野田総理は、その後の記者会見で、今回の増税の目的が、「社会保障を持続可能なものにする」「すべて社会保障に還元される」ことだと述べた。しかし、それは真っ赤な嘘だということが法案に書いてあるのを御存知だろうか。

 そもそも、増税は社会保障にしか使われないという議論は空虚だ。増税で楽になった分、他のバラマキが増える可能性が高い。おカネに色はついていないからだ。それを示すような修正が今回行われている。順を追って説明しよう。

 今回の消費増税法案にはいわゆる「景気条項」と呼ばれる条文がある。簡単に言うと、2011年度から10年間の平均経済成長率を名目3%、実質2%程度を目指して必要な措置を講じるという趣旨の条項と、経済状況を増税前に点検して、必要なら増税の実施を停止するという条項が入っていた。「こんなに景気が悪いのに増税でもっと景気が悪くなるじゃないか」という批判に対して、民主党は、後者の条項を引用して、「だから、景気条項を入れて、本当に経済状況が悪ければ施行停止出来るようにした」と説明してきた。

 しかし、この条項は、その部分だけでなく、前者の条項、すなわち、「成長のために必要なことをやる」という部分も重要だ。その意味はいろいろ解釈できるが、成長のためと称してバラマキに使われるのではないかという指摘がなされていた。今回の修正では、この懸念が正しかったことが明らかになった。「税制の抜本的改革で財政に多少ゆとりが出来るので、成長戦略や『防災、減災』などの分野に資金を重点的に配分する」という趣旨の条項が追加されたのだ。

 つまり、消費増税で楽になった分を「社会保障」ではなく、「防災、減災」という名の公共事業バラマキ予算に振り向けますよ、ということが宣言されたに等しい。もちろん、自民党と公明党の要求によるものである。民主党は「コンクリートから人へ」というマニフェストを放棄してこれを呑んだ。

 自民党は、「国土強靭化基本法案」を国会に提出している。そのバラマキ規模は10年間で200兆円というから驚きだが、その理屈として出しているのが「防災」である。公明党も100兆円規模の公共事業をやろうと言っているが、ここでも「防災」がキーワードになっている。東日本大震災を理由にした悪乗りだ。本コラムでも指摘したが、自民党長老は民主党にすり寄ってバラマキ利権のおこぼれにあずかりたいと必死なのが、ひしひしと感じられる動きである。

 それを見透かした財務省は、自民は絶対に賛成に回ると読んでいた。というより、そうなるように誘導していたのだが、それを財務省の幹部があちこちに話したのに谷垣氏が怒ったという記事が、6月10日の朝日新聞に載った(谷垣総裁「財務省はなめている」消費増税「最後は賛成に回る」に怒り)。図星を指されては谷垣総裁も立つ瀬がない。

 自民党の必死さは、今回歳入庁の創設を事実上見送る修正まで行ったことに表れている。「歳入庁創設のために本格的な作業を始める」という趣旨の文言を削除して、これを事実上棚上げする修正を行っている。国税庁を切り離されて最大の権力の源泉を失うことを恐れた財務省が最も抵抗していた「歳入庁創設」を潰して、財務省の歓心を買ったのだ。どこまでも、財務省の完勝と言える今回の法案修正通過であった。

「週刊現代」2012年7月14日号より

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32937



……ちょっと目を通してみた訳ですが、もうアホかと。
防災をバラマキって言っている時点で、話になりません。

例えば、地震津波が起こった場合、失われるのは何でしょうか??
道路も壊れるでしょう。水道管も壊れるでしょう。
そういうのは国・市町村の資産ですから、国・市町村が税金で直します。
それはまだ……良くはありませんが、我々の生活が一時的に不便になるくらいで済みます。

ですが。
失われるのが自宅だったら??
燃えたのが家財一式だったら??
それ以上の、人命だったら??
失われるのは、我々民間の財産に他ならないのです。


公共工事で防災を推進するというのは、そういうことです。
国の税金を使って、将来失うかもしれない民間の財産を守る訳です。
この防災というのは難しいもので、100億円投じたらそのまま100億円以上の防災が出来るという話でもありません。
ですが、上手く行けば……100億円どころか1兆円以上の被害を食い止めることも出来るのです。
ついでに言えば、公共工事を行うことで、雇用が生まれます。
現在の日本は別に仕事が有り余っている訳でもなければ、生産力が足りずにインフレの直撃を受けている訳でもありません。
むしろ仕事がなさ過ぎて失業者が問題になっている有様です。
だったらこの不景気な今の日本、公共工事を行うことに何の躊躇うことがあるのでしょう??

実際、国の借金が云々というならば、言わせて下さい。
今、国の借金が100兆円増えるのと。
将来に地震が起こって民間の財産が100兆円減るのと、どっちがマシですか??

私は国の借金なんかどうでも構いません。
破綻する破綻するってマスコミが騒ぐだけで、破綻なんざ起こらないじゃないですか。
(破綻しない理屈を知っているというのもありますけどね~~)
それよりは、将来の地震で自分の住んでいるところが津波にやられる方がイヤです。
と言うか、私の住んでいる場所は兎も角、うちの県は凄まじい津波の被害を喰らうのが予言されている場所なのです。
……友人縁者その他を失うくらいなら、国の借金なんざ幾ら積み重ねてくれても構いませんよ??
増税だって、そういう分かり易い形で行ってくれるのなら、むしろ大歓迎です。
まぁ、実際……景気が回復したならば、増税そのものが必要ないと分かっているのでコレもちょっと卑怯な論調なのですが。。。


兎に角。
防災をバラマキなんてアホな表現にするなんざ、
1.自分が日本以外のよっぽど安全な場所に住んでいる。
2.自分の生命と財産の危機に全く気付いていない。
3.公共工事を悪と断定していて、完全に思考停止している。

その三つの内のどれかです。

そして……1.ならこの災害王国の日本人の政策に口を出すなの一言で終わりますし。
2.ならば、そんなバカの記事を読むだけ時間の無駄です。
そして、3.ならば……そんな思想は雑誌で垂れ流すのではなく、宗教本で垂れ流しなさい。
分かる人だけが分かってくれますから。
ただし、他の人間にとってはただの雑音、意味すら通っていない妄言集でしかありませんから、他人に聞かせないで下さいまし。
兎に角。
我々日本人はこの日本列島という地震と津波のメッカで暮らしているのです。
だったら、その震災に備えるのは当然です。

神に幾ら祈ったところで、一神教の神は助けてはくれませんし、日本の神々はどちらかと言うと住んでいる住民を脅したりする方ですし。。。
である以上、備えるしかないのです。

だから、こう言います。
我々日本人の、我が身を守ろうとする努力の、邪魔をするな!!


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。