FC2ブログ

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■これがグローバル化の行く末ですね。。。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


サムスン電子半導体工場元従業員 55人目の犠牲者
サムスンへの批判高まるも大手メディアは縮小報道

 サムスン電子の半導体工場の元従業員イ・ユンジョンさん(32)が7日午後8時41分、京畿道(キョンギド)富川(プチョン)市にあるホスピスで死亡した。

 イさんは6年間サムスンの半導体工場で働いて悪性脳腫瘍を発症して闘病してきた。イさんはサムスン電子半導体及び液晶画面(LCD)工場で勤務後にがんを発症し死亡した55人目の従業員だ。

 イさんはサムスン電子を相手取り、ソウル行政裁判所で労災認定訴訟を起こしていた。イさんの夫は「裁判は昨年9月に1回開かれただけで、8ヶ月が過ぎても何も変わらなかった」とし、司法当局の姿勢に疑問を投げかけた。

 イさんは昨年8月、脳腫瘍が再発して前頭葉まで広がり、手術を受けたが状態は悪化。病院での治療を断念しホスピスに移り、そして32才の短い命を終えた。イさんは1997年5月、高校3年生のうちから忠清南道(チュンチョンナムド)にあるサムスン電子温陽(オニャン)工場で働いていた。入社当時は健康に何の問題もなかった。

 イさんの健康状態は、半導体工場に勤務して6年たった頃急激に悪化した。イさんの仕事は半導体チップを高温でテストする工程。ここでは、常に異臭がして黒い粉塵が舞っていた。不良品検査という作業の特性上、かなりの緊張とストレスの中で働いていたイさんらは、眼の炎症と皮膚疾患に苦しめられた。イさんは2003年5月に工場を退職した。

 イさんはその後2010年5月5日突然倒れた。診断の結果、悪性脳腫瘍だった。イさんには8歳の息子と6歳の娘がいる。

 イさんはその年の7月23日、勤労福祉公団に労災申請をしたが、昨年不承認処分を受けた。これまで、サムスン電子の半導体組立工場で働いていた元従業員22人が勤労福祉公団に労災申請をしたが、今年4月に初めて労災認定を受けた1人と、判定が進行している3人を除いて、すべて労災と認められなかった。このため、労災認定を受けていない18人のうち10人が、労災認定を求めて訴訟を起こしている。

 3月3日にもサムスン半導体工場で勤務していたキム・ドウンさん(36)が乳がんで死亡しているが、サムスン側は一貫して工場勤務と病気の関連性を否定している。半導体工場におけるこうした傷害発生を黙殺しているのが現状だ。韓国メディアもサムスンからの広告撤退を恐れ、特に大手メディアは今回のイさんの死亡を縮小報道している。

http://www.krnews.jp//sub_read.html?uid=1695§ion=sc10§ion2=%E7%A4%BE%E4%BC%9A



もう、何と言うか……その、壮絶と言うか悲惨と言うか。
こういうのがまかり通るのが韓国という国なのですね。

とは言え、韓国人が悪いかと言うとそうではなく……要するにグローバル化した大企業は国家権力を超えるのです。
そして、グローバル化した企業が利益を追求した結果として、何が蔑にされるのかと言うと……国内法、つまりが国民の権利です。
この記事はそれを如実に表しているのだと思います。


2008年の記事にこういうのがありました↓↓↓。

現在、韓国の看板となっている大企業は、実際には純粋な韓国企業とは言い難い。
サムスン電子の株式は49%以上を外国人が保有している。
ポスコでは約半分、現代自動車も40%近い株式を外国人が保有している。
韓国最大の金融グループ、KB金融と3位の新韓金融は、外国人の持ち株比率が60%に上る。
信じたくはないが、SKテレコムと新世界も、外国人の持ち株比率が半分または半分以上となっている。
もはや、生き残りをかけて、世界市場で韓国を急追する中国や先進国の企業との争いを勝ち抜かなければならない 「グローバル企業」なのだ。


つまり、サムスン電子は競争を勝ち抜くために国民を犠牲にしている訳です。
その結果がコレなのです。

とは言え、これは別に韓国にだけ訪れている問題ではありません。
貧富の格差が大きくなればなるほど、そして企業が力を持てば持つほど、大小の差はあれ、この手の問題は後を絶たないでしょう。
そして……日本もまた、大企業が利益を求めて色々と画策しております。
その証拠に、経団連がTPPを推し進めたり、派遣法を改正させたりと政治に関与しておりますよね。
勿論、企業からすればそれは正しい行動なのかもしれませんが……労働者や庶民にとってはたまったものではありません。

経団連は国家のため、国民のためと口を揃えております。
確かに企業も日本の一部であり、経営者や株主も国民の一部です。
ですが、企業の利益と労働者、消費者の利益は全く別物であることを、常に念頭に入れなければなりません。


まぁ、韓国みたいな悲惨な状況にならないように、早く手を打たなければならないという話でした。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。