FC2ブログ
■2011年02月

■平和主義者が聞いて呆れる。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


本日はワコールやその他のサイトへ行って、ブラジャーのデザインを凝視していたり。。。
だって、変質者っぽく思われてもCGを出来るだけ上手く描くってのはそういうことだし。
ちなみに着せ替えフラッシュの進捗状況はCGでは85%……あとは下着のみって状況。
尤も、替えの下着とかのバリエーションを増やそうと思っているから100%で完成する訳じゃありませんけれども。。。


っと。
今日の本題。

ホリエモンに感動した -天木直人-

 本物の平和論者ならこれから私が書く事の意味が分かるだろう。

 左翼イデオロギーの護憲論に失望している平和論者なら頷くだろう。

 それらの読者に向かって書いている。

 昨日の早朝(午前4時ごろだったと思う)にテレビをつけたら朝まで生テレビが目に飛び込んできた。

 番組の終わりのほうであったので、それまでにどのような議論が行なわれていたかは知らないが、ホリエモンが中国や北朝鮮が攻めてくると考えるのは間違ってる、と力説していた姿に引き込まれた。

 彼が平和論者であるかどうかは知らない。

 彼が国際情勢の緻密な分析の上に立って力説しているのかどうかは分からない。

 しかし、最近の北朝鮮の行動や、中国脅威論が花盛りの中で、中国も北朝鮮も日本を攻めてこない、脅威ではない、と真顔で言う事は勇気がいる。

 しかも、ホリエモンは誰が何と言おうが、頑として主張し続けた。

 日本を攻めて何の得があるのか。そんな事をすれば世界が許さない。日本を攻める事などできない。尖閣でも沖縄でも攻められるものなら攻めてみろ。攻めさせてみろ。中国や韓国は国際社会から袋叩きにあう。そんな事が中国や北朝鮮にできるはずはない。するはずはない。

 そのあまりの剣幕に右派論客や司会の田原総一朗さえも沈黙せざるを得なかった。

 その光景を見た私は奇妙な感動を覚えた。

 そしてその奇妙な感動はやがて賞賛の感動へと変わった。

 これこそが私が求めていたものだ。

 いわゆる「おりこうさん」の護憲論者に欠けているのはこの粗雑さだ。荒々しさだ。

 何よりも人に罵倒されてもひるまない愚直なまでの強い信念だ。


 政治家の護憲論は言葉だけの護憲論だ。

 平和が重要なのではなく平和を語る自分が偉いのだと考える者たちだ。

 だからその言葉に迫力がない。心に響かない。

 都合によって変節する。

 皮肉にもホリエモンの近くに座っていた辻元清美はついにひと言も発しなかった・・・


http://news.livedoor.com/article/detail/5323072/




……分かる訳ないでしょう??
……頷ける筈がないでしょう??


基本的に人間同士が意思疎通を行う手段としては、現在まで人類が発展を繰り返しているにも関わらず、たったの二つしか手段がありません。

1.暴力によって強者が弱者から強奪する。
2.言葉によってお互いに妥協点を探る。


たったのこの二つです。
経済力や恩義による交渉も、言葉を交わすという前提があってこそ働く要素です。
そして、1.は所謂動物界のルールです。
早い話が肉体言語ですね。

こうして見ると、知性のある人間と知性のない動物とを区分けする境界は、言葉によって相手を理解出来るか出来ないかというたった一つの点でしかないというのが明白でしょう。
だからこそ、言論の自由は大事です。
言葉がなければ、人間はただの動物にしか過ぎないのですから。



で、この自称平和主義者は何ですって??


しかも、ホリエモンは誰が何と言おうが、頑として主張し続けた。

いわゆる「おりこうさん」の護憲論者に欠けているのはこの粗雑さだ。荒々しさだ。

 何よりも人に罵倒されてもひるまない愚直なまでの強い信念だ。


……もう一度繰り返しますが、知性のある人間と知性のない動物とを区分けする境界は、言葉によって相手を理解し理解させるという一点のみです。
それが行えないからこそ……言葉で分かりあえないからこそ、暴力に頼って……戦争を行って自分の意見を通そうとするのですから。。。

で、誰が何を言おうと主張を続ける??
粗雑さ・荒々しさが必要??


相手の言葉を聞かないことが、どうして平和に繋がりますか??
人間はニュータイプやテレパシストではありません。
暴力に頼らずに意思疎通をするためには……相手を理解し尊重し合うためには、言葉が必要です。
その大元たる言語を蔑ろにする人間に、どうして平和が築けましょう。

つまり、この何とかって人間の平和主義ってのは、中国共産党のように言論弾圧を行い、虐殺と弾圧によって人民を暴力の下支配し、全ての人民が頭を垂れて支配者にただ諾々と従う何の自由もない奴隷の平和って意味なのでしょう。
と言うか、それ以外に言論を封殺された上での平和ってのがあるでしょうか??

舐めるなよ、クズが!!

言論の自由は国民に許された財産です。
例え性的に行き過ぎたり、暴力や犯罪を賛美したり、反政府活動を推奨したりしても、それでも言論の自由は大事なのです。
同時にそれらの行き過ぎた言論の自由に毒されないような教育も必要とされるのですが。
……ま、それは兎も角として。

言論の自由を……財産を一方的に奪われた上での平和なんて、生命・貞操と財産は同じ価値なのですから、それらを一方的に奪われる中で暮らすような平和……即ち、奴隷が反抗する気力も失ってただ生ける屍と化し、平和に見えるだけの、何の活力も意志もない平和です。
そんな平和を推奨するような人間が、平和論者を名乗ること事態がおこがましい!!


繰り返しますが、言論の自由は国民の財産です。
それらによって自分の意見を表に出すと共に、自分以外の人間の意見をも尊重する環境を作ることで、犯罪や戦争に頼ることなく言語によってのみ意思疎通を図る人間性が築き上げられるからです。
十字軍の遠征然り。
ネイティブアメリカンやアボリジニーの虐殺然り。
近いところでは中国共産党によるチベット・ウィグルの弾圧然り。
相手を人間と認めず、相手の言論を認めない風潮の下でこそ、虐殺と弾圧は生じるのです。

私はそれを推奨する人間を……相手の言論を認めないような人間を平和論者とは認めたくありません。
いえ、認めることが出来ません。

平和とは相手の言い分を尊重し、その中で自分の言い分をも主張し、お互いに妥協点を探っていく中でこそ生まれるものだと信じるが故に、です。
……尤も、韓国の歴史観みたく嘘八百を並べる人間とは意思疎通も不可能と思うときも多いのですが、まぁ、それはお互いに嘘を吐かないという大前提があるからの話であって。。。


そういう訳で、私はこの人間を平和論者とは認めることが出来ません。
と言うか、この意見を聞いていて腹が立ちました。



ちなみに。
ホリエモン曰く
「尖閣諸島なんか金で買えば良い」って意見。
金で尖閣諸島を買った直後に、中国がまたしても武力で侵略してきたら、またお金を出して買うつもりなのでしょうか??
叩けば叩くほどお金が出てくる貯金箱扱いされて終わるだけですよ??
武力ってのは、経済的な条件すらあっさりと覆すほど、無慈悲でどうしようもない、安直であるが故に強力な説得手段なのですよ??
だからこそ、暴力が許される社会では経済の発展が見込めない(商売するよりも暴力に頼った方が楽で手っ取り早い)が故に、近代社会では暴力を禁じて経済発展を促すようなシステムになっているのですから。。。

ま、私に言えることは一つだけ。
他人の意見を聞き入れない態度を推奨する人間が、平和主義者を名乗るな!
核兵器武装論も核兵器廃絶論も、天皇陛下尊重論も天皇制廃止論も、日の丸を掲げる主張も日の丸を貶める論調でさえも、耳を傾け相手の言い分を一度は租借する。
それこそが言論の自由を重んじる、左翼を名乗る私の立ち位置であり、その言論の自由の中でしか平和は生まれないと信じるからこそこの言論弾圧を推奨する平和主義者の言葉は筋が通っていると理解することが出来ないのです。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文: