FC2ブログ
■2011年01月

■現在の問題点とその対策。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


今日は例の東京都青少年育成条例の改悪案についての話です。

ここ暫く考えていたのですけれど、やっぱり納得いかなかったので。


そもそも、この条例を改定しなければならなかった理由はなんでしょうか??
寡聞ながらも私が耳にした範囲では、三つほど理由がありました。

1.漫画という青少年が読む書類の内部に、性描写が多く出回り始めた。
2.成年向け漫画の隔離が甘く、青少年でも平気で読むことが出来る。
3.未成年による性行為を推奨するような内容である。



……基本的にこの三つだったと私は記憶しております。
そして、これら三つの解決を一気に図ろうとするのがこの都条例な訳ですが。

冷静に考えてみて下さい。
この三つ、同じような問題に見えて、実のところ全く異なった問題なのです。


まず、1.の青少年が読む一般誌の中に性描写が増えてきている点
これは確かに問題です。
だからこそ、私は下記のようなゾーイングシステムを推しますが。。。

29-7.jpg

まぁ、これは一案ですが。
事実、性描写が増えてきているのは事実ですし、放っておけば過激化するのも目に見えております。
だから、何らかの対策が必要なのは事実です。
……ですが。
本当にこの法案成立時に議論していたのこの問題だけだったでしょうか??


まず、2.の「成年向けコミックの隔離が甘い」点ですが……
確かにコンビニなどでそういう雑誌や漫画……実写・漫画を問わずに置いてありますし、それは問題だと思いますよ??
ですが、これは漫画の中身とは……過激な性描写とは一切関係ありません。
コンビニ店や漫画書店の管理が甘いのです。
つまり……そういう店舗に対する法案が必要になるのであり、言論の自由を奪う法案が必要なのではありません!!

そして、3.の未成年による性行為を推奨している云々。
これもまた問題がすげ変わっております。
都知事が言っていた筈です。
「それどころか7歳8歳の女の子をね、みんなで大人が強姦する。そんな漫画が横行してるんですよ。」
この発言ですね。
……これ、本当に一般向けの漫画のことでしょうか??
成年向けコミックにはそういうのがあるのは知っております。
「町田ひらく先生」「KEN先生」「片桐火華先生」辺りがそういうのを描いておられますね。
ですが、彼ら三名は成年コミック……即ち18歳以上を対象にした漫画を描く漫画家です。
その内容の是非は兎も角、18歳以上を対象にした漫画に関して……青少年の育成は全く関係が御座いません!!


そう。
上記に挙げた三つの理由。
それぞれがそれぞれに対応する法案が必要なのです。
全ての問題を一本の……漫画の表現過激化だけを軸にして議論をすべきではないのです。
簡単にまとめると。
1.は青少年向け漫画の表現内容の。
2.は店舗管理の。
3.は成年向け漫画の表現内容の。

……それぞれの問題なのです。
それら全てを混同し、同一視した状態で今回の議論が行われていることに、私は異議を唱えます。
そもそもの都知事自体の発言を聞く限りも、この三つの問題を混同視しているのではないでしょうか??


そうです。
もっと議論が必要というのはこういう点です。
問題の本質を理解し、問題にのみ対処出来る法案を考えた上での法案施行ならば、もう少し反対も少ないでしょう。
ですが、どう見ても根底が違う三つの問題を混同視した議論が行われております。
つまり……その場の感情論だけで議論され、法案が通ったと思って間違いないのです。

自由を重んじる小さな政府を推奨した国家内の、法律を決定する人間に最も大切なのは……問題の本質を見極め、最小限の制約で最大限の効果をあげることだと思います。
そして、石原都知事と現在の都議員の方々は、その最も大切なものが抜けているのだと断言させて頂きます。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文: