FC2ブログ
■2010年11月

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■愚策の極み。。。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


ちょっと前の記事からの引用になりますが。。。

仙谷氏「日本人の精神は鎖国状態」 TPP参加で開国をと

 仙谷由人官房長官は9日の記者会見で、政府が環太平洋経済連携協定(TPP=トランス・パシフィック・パートナーシップ)の対外交渉参加を見合わせたことに関連し、「日本人の精神のありようが鎖国状態になっている」と強調し、改めてTPP参加を目指すべきだとの考えを示した。
 仙谷氏は、「あと何年かは親の世代が作っったストックで国民全体は何とか食っていけるかも分からないが、(鎖国)傾向が産業界も農業もむしばんでいる」と指摘。その上で「開国を受け入れ、競争力を持った産業を興すことで生き抜く術を身に付けなければならない」と持論を展開した。


http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101109/plc1011091800019-n1.htm




……私には愚策の極みにしか思えません。
鎖国がどうのこうのなんて無関係。
論外中の論外だと思われます。。。


三橋氏のブログにて、このTPPが如何に問題であるかを述べた論文を記載されておりますが、
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/day-20101130.html
普通に読んだら面倒くさい上に難しい言葉が羅列しておりますので、もっと簡単に。


そもそもTPPとは、環太平洋戦略的経済連携協定の略で……
2015年までに協定国間の貿易において、工業品、農業品、金融サービスなどをはじめとした全品目の関税を原則として完全撤廃することにより、貿易自由化の実現を目指すFTA(自由貿易協定)[2]を包括するEPA(経済連携協定)である……と、うぃきにあります。
早い話が、協定国間における色々な分野での貿易自由化のことですね。

では、貿易を自由化すればどうなるでしょう??
要は関税がなくなります。
関税がなくなればどうなるのか??
……今、関税がかかっている商品が一気に流れ込んでくるのです。
日本の関税率を記載したのがこちら↓。。。

46-03.jpg

ご覧になればすぐに分かると思いますが、日本において農作物の輸入には非常に高い関税がかけられております。
つまりが、農業を国策として守っているということですね。
TPPを締結するとなると……要は農業が壊滅的に陥るということですね。
丁度良いところに、日本共産党発行紙である赤旗に、農水省がTPPが締結された場合のコメの生産量の試算が載っておりましたので紹介します。

『関税を撤廃すれば日本の米の生産量823万トンの2分の1に相当するアメリカ産米が輸入されるという農水省の試算』
『アメリカ産米は日本の米価の4分の1。いまの米の生産体制(量)を戸別所得補償制度で維持したとしても、アメリカから少なくとも400万トンの米が輸入される。米の自給率は100%から67%に一気に下落することになる。』
『関税が撤廃されなにも対策をとらなければ食料自給率が現在の40%から13%になるという試算』

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-27/2010112702_03_1.html



まぁ、田舎の人間からしてみれば論外ですね。
ついでに言えば、食料自給率を確保しなければ、食料輸入停止を武器に交渉を迫られた時にどれだけの経済力があっても軍事力があっても、肝心の人間を生かせないのでは無意味というのは当然ですし。

加えれば、工業生産品は円高のためにアメリカなどでは現地生産へと移行しております。
である以上、アメリカにおいてTPPで輸入が増えるのは期待出来ませんね。
そもそも、関税率を撤廃した場合の日本が輸出を期待出来る国は……上記の表で言うところの機械類や車の関税が高い国家ですから、ベトナムやマレーシア辺り。
では、その国家のGDPを確認してみると……
アメリカ:12兆4400億ドル
日本:4兆8000億ドル
マレーシア:1280億ドル
ベトナム:4700億ドル

……旨みがないんですな、早い話が。
どちらかと言うと日本における農業の関税平均20%が吹っ飛ぶことによるダメージが大きいと予測されます。
つまりが、TPPを締結したところで日本には損しかない可能性が高い……ということです。

精神的鎖国??
……少なくとも私は開国することで労働者の待遇が今以上に悪くなるのでしたら、鎖国したままの方が良いと思います。
特に現在日本と正面切ってシェアを凌ぎあっている韓国は、
* 既婚者男性の約4割が非正規労働者
* 原因はIMF時の労働市場の自由化、リストラの成功で高成長
* 人件費は十数%だったが10%以下に進入
* 時給は200円~300円。無論、無 保 険
* 短期に経済が回復しなければ雇用の安定はあきらめるしかない
* 自動車会社では社内に会社があり、労働者と直接雇用関係には無い
* 正規雇用者が優遇されすぎで非正規が被害を受けてるby経営者
* 地下道に1000人超のホームレス
* 住む所を失うと住民登録番号が剥奪される
* 住民登録番号が無いと社会サービスが受けられない
* 非正規労働者は半分も雇用保険に入っていない
* SOS制度があり失業時には70万krw支給
* 20代非正規労働者は約半分だが景気低迷で70%へと向かう
* 新卒には「スペック」という評価システムがある
* 「スペック」は8割の企業で採用時に利用する
* 留学経験、語学、資格、ボランティア経験、受賞暦などが評価対象
* 35%の新入社員が海外経験を持つ
* 非正規雇用を含めても46%の就職率

……こういう記述もあるくらいです。
ま、これはソースを確認していませんので、ちょっとしたネタくらいに思っていただければ結構ですが。。。
関税を撤廃して商売を競い合うということは、機械類などの特許や技術力が問われる分野以外では……単純に労働単価を競い合うということに繋がります。

特に農業分野では……円高で賃金が増し続けている上に、国土面積における平野部が狭く農業の機械化が進まないため労働力が多くかかる日本の農業と、広大な平野部を開拓して広い農地を持つアメリカや、労働単価の安い諸外国と競い合って……勝てるはずがありません。
仙石氏はこの日本の状況を理解した上で……TPPを締結して開国すれば農業が競争力を持てるとでも思って居るのでしょうか??
はっきり言いますが、論外ですね。
農業従事者や食料自給率を完全に捨て去ることで、技術立国として生きていくならば少しは考慮する価値があるかもしれませんが、私自身は農業を捨て去ることなど論外という立場ですので、考える余地すらない案ですし。
仙石氏が開国を受け入れれば農業が競争力を持った産業になると思っていること自体が、そもそもの論外。
日本の現状が全く分かっていないアホとしか言いようがありません。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。