FC2ブログ
■2009年09月

■自由民主党の敗因

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


先の総選挙。そろそろ報道は新しい内閣の構成についてばかりやっていますけれど。

私はこの状況だからこそ、先の総選挙で、自民党が負けた理由を考えて見ます。

と言っても、負けた一つの大きな理由は、自民党総裁であり現内閣総理大臣である麻生太郎氏その人が原因でしょう。

勿論、漢字の間違いやらカップラーメンの値段やらで責めるつもりは毛頭ありません。
マスメディアに対する気遣いが足りなかった?
そんな下らないことで報道を歪めるようなマスメディアなら、放っておいても崩壊するでしょう。
実際、既に崩壊しかかっているみたいですし……商売を誠実に行わない企業なんて、一時は繁盛しても続かないのが世の常ですから。。。

で、麻生太郎氏の何が原因だったのか?
……答えは簡単です。

彼は、有能すぎました。

何しろ、この百年に一度と言われる金融危機を、四度の補正予算編成で食い止めた訳でしょう? しかも、GDPは上向きとなり……完全に底を打ったと見られていました。(過去形。民主党底を突き破る予感がするので)
少なくとも、GDPがプラスに転じたのは、G20でも日本が最初だった訳です。

アメリカなんて日本の手法を真似たというのにまだ景気の底は見えない状態。
と言うか、政府予算が打ち止め二度目の急降下が見えている状態です。
EUは財政上限が決まっているため、銀行の不良債権処理も出来ないまま、失業率ばかりが増加してしまい……GDPもようやく下げ幅が減ってきた程度……なのですが、英国の国債が札割を起こすなど、もうこれ以上経済対策を実行できそうにない予感も残っています。

良いですか?
今度の金融危機は百年に一度なんですよ?
つまり、先の世界恐慌レベルの経済危機なのです。あの当時はヨーロッパ中で失業者が30%近いレベルで溢れかえっており、どうしようもない状態でした。
ついでに言えば、この世界恐慌こそが第二次世界大戦に突き進む原因を幾つも作ったのは歴史に示す通りです。
今度の金融危機もそういうレベルです。
国内の被害を最小に抑えるのが精一杯で、他国に援助なんてした奇特な国家は日本くらいじゃないのでしょうか?
それでも、日本はまだ平気です。そりゃ失業者は増え続けていますし、企業の経営難も問題になっているでしょう。中小企業の倒産も増えています。

ですが、この状況でも「経済危機への対処<<<<自民党へのお灸」なんて民意が形成されるくらい、国民の危機意識が低いのですよ。
この、悲観論ばっかりに走りやすい日本人が、ですよ?
何故でしょうか?
答えは簡単です。
日本において、被害が少なかったからです。
先のオイルショックのように集団行動が目立つこともなく……自民党の政治を問題視する方が優先される程度なのです。

この程度に被害を抑えたのは誰でしょう?
皮肉なことに、内閣総理大臣である麻生太郎氏なのです。
総理大臣就任から景気対策のみに専念し、まずは景気回復をスローガンに、麻生首相の政策は大当たりをし、先進国で最も早くGDPを回復させるという、偉業を成し遂げました。
(勿論、日本にはサブプライム商品からの被害が少なかったという理由もありますけれど)

ですが、この氏の功績こそが自民党の敗因を招いたのです。

今回の金融危機という不況は、日本国内における被害が少なく、要は今までのデフレの続き程度の被害しか喰らっていません。(輸出業者を除きますが)
と言うか、GDPがあまりにも早く回復してしまったため……日本人にとって、対岸の火事に成り下がってしまったのです。
勿論、マスメディアの報道が偏っていたこともあるでしょう。
ですが、それでも大多数の人間は、自分の生活に直結するような被害は被っていません。
本当に対岸の火事で済んでしまったのです。

だからこそ、金融危機対策という大規模な問題は、日本人にとってそれほど問題視されることもなく、今までの自民党と官僚政治への恨み(逆恨みに近いのも幾つかありますけれども)を晴らす方に意識が向いてしまったという訳です。

もし、今回の金融危機によって麻生首相の手腕が足りず、被害がもっととんでもないことになっていたのならば国民はこの問題を過小評価せず、今回は自民党にお灸を据えるなんてバカなことをやっている場合じゃないと気付き、現状で最も実績を持つ政党……即ち自民党に投票していたことでしょう。

つまり、自民党が敗北した最大の原因は……皮肉にも麻生首相の有能さにあるということです。

……勿論、氏は自民党総裁……つまり最高責任者である以上、今回の敗北の責任は彼に起因するのは間違いありません。
氏に落ち度があろうとなかろうと、負けた以上、その責任は最高責任者が負うのが当然です。
それが最高責任者というものです。

……ただ、麻生氏の実績が評価されないのだけは、見ていて哀しくなります。
私は共産主義者であるので、努力が正当に評価されないのは気に入らないのです。
そして、彼の実績が本当に評価できると思ったからこそ、自分の四年間を預けても問題ないと確信できたからこそ、共産主義者である私が自民党に票を入れるという状況になったのです。
……尤も、これは民主党がやば過ぎるという理由もありましたけれど。だって、あのマニフェストを見る限り、日本の未来が明るいとは思えなかったですし。。。

っと、閑話休題。
今回の記事で言いたいことは、結局のところ、たった一つだけなのです。

この百年に一度の金融危機と言われる状況の最中に、自民党にお灸を据えるような、言わば危機に対して一致団結せず、単にリーダーの脚を引っ張るような真似が出来るほど平和で居られるのは、一体誰のお陰か分かっているのか!

という、ただそれだけのことを言いたかっただけです。

事実、守って貰いながら、その相手に歯向かうって行為は、親の庇護下にある中学生や高校生が、親に怒鳴り散らしながらいきがる行為に良く似ていて……非常に見苦しいものがあります。
インターネットに親しんだ人間が最も分かり易い例を挙げて説明させてもらいますと……

自民党にお灸を据えるといって民主党に投票した貴方達……
日本にスワップや経済援助をして貰いながら反日を唱え続けている韓国や北朝鮮。ああいう国家と同レベルの思考回路なんですよ?

少し感情的になってしまいました。
同じ日本人に対しての侮蔑にしては、少し過激すぎたことを、この場で反省させて頂きます。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文: