FC2ブログ
■2009年09月

■謝罪と賠償問題

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


我等が日本という国家は、よく韓国北朝鮮から謝罪と賠償を求められております。

何故か?

一度払ってしまったからです。

勿論、当初の賠償は敗戦処理の一環だったとしても、その後も謝ったり援助を行ったり、様々な形でお金を配ってきた訳です。
そして、それこそが最大の問題だと思うのです。

の話をしましょう。
どっかの猿園の注意書きにあったと思うのですが、猿という生き物には絶対に餌を与えてはいけません。幾らやせ細っていた猿相手でも、食べる姿が見てみたいという好奇心からでも絶対にダメです。
何故ならば……
縄張り内で食べ物を与えるという行為は、彼らの中では無条件降伏を表すからです。
これは別に猿が悪い訳じゃありません。
そういう習慣なのです。そういう彼らのルールなのです。
人間的には温情やら優しさやらで行動した行為そのものが、彼らにとって人間全てが猿に無条件降伏をした証になる訳ですね。
だからこそ、増長した猿が人間からバッグや飲食物を力ずくで奪って行くような事態に発展しちゃう訳なのですけれども。。。
彼らにとってはソレは悪い行動ではないのです。無条件降伏した奴らから何をしても、彼ら的には何の問題もないのですから。

韓国人も同じです。……いや、韓国人が猿並って言っている訳じゃありません。
恐らく……彼らの儒教的な倫理観では、悌思考……つまり、優秀な人間は平凡な連中からお布施を貰って生きるという、人間の階層構造が普通に存在している筈です。
儒教が生まれた当時は、の観念は長い経験を持った老人に報酬を与えることで、自分たちに知恵を貰う……そういう社会構造として普通に成り立っていた、普通の概念だったのでしょうが。

韓国人自らを日本人よりも優秀と思っているのが、ここでは最大の問題なのでしょう。
つまり、彼らからしてみれば、日本人は国際的なルールとして、謝罪と賠償という名目をつけないと優秀な自分たちにお金を出せないだけ……自分たちより立場が下の日本人韓国人金を差し出すのが普通なのに下らない名目が必要
そういう感性なのだと容易に想像が出来るのです。

中国人曰く。
日本人は韓国人に対し、優しすぎます。
それは日本の為に良くないことです。
そして、韓国の為にも良くないです。
日本在住の中国人に話を聞きました・・・・・・・・・・・・。
韓国人は、「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。 また、「強いと」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。
韓国人と付き合うのはとても厄介です。
中国人も韓国人とは関わりたくありません。
しかし、我慢して付き合わなくてはいけない状況です。
韓国人は「対等」と言う概念を知しません。
韓国人社会は個人同士、どちらが優位な位置に居るか?
それが、最重要な関心事です。

個人主義の中国人から見ても、異常性を感じる社会です。
このような社会で生きる韓国人は、他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。
したがって、日本人が普遍的に持っている「平等感」や「対等」と言う気持ちや態度は、韓国人は敗者の態度に見えてしまいます。
中国人は韓国人の軽薄な精神性をよく理解してますが、日本人は韓国人をあまり理解していません。
日本人は韓国人が「まともな人間」だと思い、対応しているので、問題が発生するのです。
中国人から日本人に忠告します。
「韓国人は犬だと思って付き合いなさい」。
それが韓国人のためでもあります。 
謝ってはいけません。
筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。
感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。
正論や理屈は意味がありません。
強制と命令で動かしなさい。
裏切りにたいして、温情は絶対にいけません。
実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい


……こういう言葉があるくらいです。

当然ながら、これは韓国人が悪い訳じゃありません。彼らの思考回路、歴史からなる倫理観的に、そういう発想が基準と成っているだけなのです。
朝鮮半島で職人が育たなかったのも、この歪んだ儒教的発想が根幹にあるのでしょう。
つまり、優秀な人間は働かなくても報酬を得られる。だから……働いたら負けという、基本思想こそが問題なのです。
そして、それは労働や優しさを美徳とする日本人には相容れないものなのでしょう。
……最近、ニートが「働いたら負けかなと思っている」なんてカキコをしているみたいですが。
それは朝鮮半島人の発想ですよ?
ああなりたくないのなら、すぐに職労に行きましょう。

……閑話休題。
結局、何が言いたいかと言うと。。。
彼らの言葉を鵜呑みにして謝罪や賠償をしても無駄です。
彼らにとって、謝罪や賠償を求めるというのは、日本人が優秀な自分たちにお金や技術を提供するための言い訳を与えてやっている程度の観念しかないのです。
だから、理由は適当なんです
同じことを蒸し返すなんて何度でも繰り返すでしょう。

私は韓国人だからって差別をしようとは考えていません。
ただ、彼らの言葉を鵜呑みにするのは明らかに双方に益がないと言いたいだけです。
事実、朝鮮半島において、その歪んだ儒教思想が横行した結果、李氏朝鮮は差別意識が広がり、働かずに益ばかりを持って行く階級(両班)と、労働をただ繰り返すだけの貧民層(平民)、そして奴隷階級(白丁)の三層に分かれてしまうことになります。
つまり、彼らの儒教思想に基づいて援助を繰り返した場合働かずに儲ける=高い階級の人間という思想によって、働かない人間が増え、朝鮮半島自体もろくなことにならないと言いたいのです。
事実、北朝鮮も韓国も似たようなことを繰り返しています。
ついでに言えば、我が日本において永住権を獲得した在日の方々も、生活保護という……健康な日本人では申請するのが恥と言いたいような制度を存分に利用して金を掠めているでしょう。
それは、彼らの思考理論そのものが日本人と違うという証です。

真の友好関係とは、片方が片方に従属することではありません。
双方の益となるように、双方が努力する。
これが鉄則です。
そして、お互いがお互いを理解しようとしない限り、友好関係は訪れません。
確かに韓国人日本人に対し、その歪んだ儒教関係と中華思想を押し付けてきています。
ですが、日本人も……彼らの儒教思想を理解しようとしていたでしょうか?
もし理解しようとしたのなら、真の日韓友好を築くためには、何が最も問題なのか、それが簡単に分かると思います。
そう。彼らの歪んだ儒教思想そのものが問題なのです。
つまり、朝鮮半島における歪んだ儒教観念「働いたら負け」が訂正されない限り、幾ら謝罪と賠償をしても日韓友好は訪れないのです。
それどころか、相手方はますます自分の方が日本より上だと思い込み、適当な理由付けをしてまで謝罪と賠償を……自分の方が立場が上だという証拠を欲しがるでしょう。

だからこそ、断言させて貰います。
真の日韓友好のために必要なのは、友愛精神による謝罪と賠償ではありません
経済的圧力と軍事的圧力、そして世界全土を巻き込んだ歴史的事実を韓国側に突きつけることによる、歪んだ儒教精神の是正です。
それがなされない限り、日韓友好が実を結ぶ日などは訪れないでしょう。

真の友人とは、友人が間違っていた場合、殴ってでも嫌われてでも相手を正してやる。それこそが真の友人です。
我々日本人が真の日韓友好を築こうとしているのならばすべきことは簡単に分かるのでは?
少なくとも、日本人の協調態度は世界中(中韓以外には)に受け入れられ、逆に韓国の儒教観は世界中から嫌われていることからも、どちらが間違えているかは一目瞭然なのですから。。。

ま、何か韓国をボロクソに言いましたけれど……今回の記事で二つだけ自己弁護させてもらうならば。。。
まず、一つ目として……私は日韓友好を求めております。
全ての民族が血を流さず、友好的な競争を繰り返し、お互いに助け合って行くのが理想的な国際社会だと思っておりますので。

そして、二つ目。
私は儒教の考え方は好きです。
仁義礼智信孝忠悌仁義八行と呼ばれるこの言葉は、私の人生の指針でもあります。
ただ、順番を間違えると韓国人みたいになるので注意が必要みたいですが。
文字が前に来れば来るほど、大事なことです。
つまり、優しさと人間関係……仁義が最も大事なのです。
朝鮮半島では悌が最優先に来ているので、国家秩序が壊滅しているみたいですけれども。。。

ブログランキング、政治経済で103位。そろそろ二桁。。。
思ったより、ランキングボタン、押してくれている方、いらっしゃるようで。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文: