FC2ブログ
■韓国

■スポンサーサイト

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■いや、当たり前やんか。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


「日常に潜む嫌韓」の怖さ 元・在日三世ライター語る

 一部で過熱をみせている嫌韓・反日の動き。元・在日三世のライター・朴順梨(パクスニ)氏は、日本社会の「ねじれ」の理由を考察する。

* * *
 元・在日三世の私は書店に足を運ぶ度に、ため息をつくようになった。書籍のタイトルに「呆韓」「悪韓」「嫌韓」など、韓国への非難や侮蔑ばかりが目に入るようになったからだ。

 そうした本が目立つようになったのは昨年秋頃からだが、その半年ほど前から、東京の新大久保や大阪の鶴橋などで行われている排外デモが激化している。デモには「竹島を不法占拠する韓国に抗議」「韓国は仏像を返還せよ」といったテーマが掲げられているものの、いつものように「ゴキブリ朝鮮人!」「朝鮮人ハ皆殺シ」など、シュプレヒコールやプラカードはヘイトスピーチに溢れている。どうしたらそこまでの憎悪を韓国・朝鮮人に向けられるのか。当事者の私は半笑いで歩くデモ参加者を目にする度に、恐怖以上の疑問を感じていた。

「彼らは特殊な思想を持つ、ごく一部の人たち。いずれ収まるから、ほっとけばいい」

 多くのマスコミ関係者がこう言っていた。しかしいまだにデモは収束していないし、今や書店の目につく棚に並ぶのは、嫌韓・反韓をテーマにしたものばかり。

 取材で排外デモ参加者たちと話してみると、彼らは、叩き出したいはずの私にキレるどころか、終始「普通の態度」で接することがほとんどだった。それどころか中国の脅威に怯える女性は、6時間近く話し合った帰りに、お揃いのストラップをプレゼントしてくれた。体のあちこちにピアス穴を開けている男性は、鼻柱の両側の穴に楊枝を通して、おどけた表情を見せてくれた。彼は過去に「朝鮮人はウンコ食え!」と朝鮮学校の前で叫んでいるのだが……。

 彼らは決して特殊ではなく、ありふれた人間なのかもしれない。言葉を交わす度に私はやるせない思いを抱えると同時に、「どこにでもいるかもしれない」恐怖を味わっている。

 彼らが決まって口にするのは、「韓国人や在日が嫌いなのではなく、反日が嫌い」というセリフだ。「日本は日本人だけのもの。文句があるなら出て行け」と言わんばかりの「『反日』憎悪」。日本に刃向かったと自分なりに認定した者を、必死に排除しようとしているように思える。

※AERA  2014年3月24日号より抜粋

http://dot.asahi.com/news/domestic/2014031900040.html




いや、悪意を向けられれば相手を嫌うのは当然じゃないですか。
何を当たり前のことを今さら言っているんですか?

家の中に蜂が入って来て刺されたら、家から追い出す、もしくは殺すでしょう?
自分の畑に猿が入って来て農作物を食い荒らせば、追い出すのは当然です。
犬が家に入って来て唸り声を上げれば、家から追い出そうとするのは当たり前です。


それが、嫌韓の正体です。
普通に日常生活を送っている人たちが、自分たちの生活を守ろうとする防衛反応そのものなのです。

だから、反日活動が終わるまで、火が消える訳がないでしょう??
そんな当たり前のことが分からないから……自分たちが間違っているということに思い当たらないから、ここまで問題がこじれたのです。
……今さら、ねぇ?


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■アホかと。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


河野談話検証の中止要求=「歴史認識の根幹崩す」-韓国


 【ソウル時事】韓国外務省当局者は21日、菅義偉官房長官が、従軍慰安婦問題での旧日本軍などの関与を認めて謝罪した河野洋平官房長官談話を学術的に検討する考えを示したことについて「これまで日韓関係の基礎となっていた正しい歴史認識の根幹を崩すことに等しい」と反発し、中止を求めた。 

【特集】失言の迷宮~橋下徹共同代表「慰安婦制度は必要だった」

 当局者は「河野談話を否定し、歴史の時計の針を逆戻りさせようとする試みとみるしかない」と指摘。「(河野談話作成)当時、被害者が言葉に表せない羞恥心にもかかわらず証言した経緯を考慮し、日本政府が被害者に耐え難い苦痛と傷を再び与える分別のない行動に出ないよう強く求める」と強調した。
 朴槿恵大統領は年頭の記者会見で「河野、村山談話が日韓関係の基礎だ」と述べている。(2014/02/21-10:23)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014022100302




もう、アホかと。
慰安婦問題が絶対に存在し、その存在を否定することすら憚れるような、絶対的な問題だと言うのなら、検証に何のためらいがあると言うのでしょうか??
韓国軍のベトナムでの蛮行を否定しようにも混血児(ライタイハン)という絶対的な証拠があるように、です。

ですから、本当に慰安婦問題が歴史問題において確実に存在し、且つ、日本がその問題を認識していないというのなら、確実な証拠を提出すればそれで済む話なのです。
こんな検証の中止なんざ言ってないで、証拠を出せって言うのです。
最低でも……検証した証拠の一覧を提出させろとか、後々で証拠品をこちらからも提出するなど……幾らでもやりようがあるじゃないですか。

それを、検証すら中止せよと要求してくる。
んなの……ねつ造でしたと白状しているようなものでしょう??


こういうのを、愚にもつかないというのではないでしょうか??


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■今さらではありますが……

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


 一言だけ、言わせて下さい。

 ……アホだ、コイツら。。。

【から(韓)くに便り】韓国、反日の出口 今度は「用日」論 80年代の「克日」論に続くか

  正月に日本に行ってきたが反韓感情の広がりに驚いた。韓国について「日本のやることなすことすべてに文句をつけ、足を引っ張る国」という印象が広がっているのだ。確かに、ソウルにいても韓国マスコミの報道に接する限り韓国は反日の固まりだ。

 日本で以前は「韓国に住んでいる」というと「大変ですねえ」といわれた。それが近年は韓流ブームのせいか「いいですねえ」と劇的に変わっていた。ところが今また「大変ですねえ」に戻ったのだ。

 最近の日本社会で驚くことは、韓国での反日嫌がらせ現象が実によく知られていることだ。これは近年、韓国のネットメディアが韓国情報を日本語でせっせと日本に送りこんでいるせいと思われる。その結果、ソウル在住の筆者も知らないささいな反日ネタまで多数、日本で流通している。

 韓国メディアの反日情報ビジネスが日本で反韓ブームを招いているのだから自業自得かもしれない。しかし韓国居住者からすると、他の日常情報の中で相変わらずの反日だから新鮮味はないし、実感は弱い。

 韓国での実感はメディアが異常に突出しているのだ。したがって「大変ですねえ」には「いや日常的にはそうでもないですよ」というしかない。

 ところで日本では、朴槿恵(パク・クネ)大統領や外相らが外に出かけて日本批判をしてまわる“告げ口外交”に、多くの人が一様に不満を語っていた。そして「黒田記者も恋人みたいに持ち上げていた彼女に裏切られたのだから、もう日本に戻ってきてはどうですか」と皮肉られた。

 “恋人”は余計だが、確かに大統領候補時代以来、陰に日なたにかなり彼女を“ヨイショ”したことは間違いない。その意味で失望ではある。ただ、今から50年近く前、戒厳令で国内の反対世論を押し切り日本との国交正常化を実現した朴正煕(チョンヒ)大統領の「背中を見て育った娘」のことだから、日本の重要性は分かっているはずだと思いたい。

 こんなことを書くとネット世界の反韓派などからは「まだそんな甘いこといっている!」と叱られそうだが、引っ越しできない相手なのだから、嫌いでもやはり付き合い方はそれなりに考えなければならない。

 以前このコラムで、1980年代の反日の際、韓国で「克日(日本を克服する)」なる新語が登場したことを紹介した。メディアと政府が一体となって「反日から克日へ」「克日のためには敵を知るため知日だ」とキャンペーンが展開され反日が収まったという話だが、今度は韓国の有力紙に「用日」論が登場した。

 9日付「中央日報」の社説「政府は“用日”の世論に耳を傾けるべきだ」がそれだ。さる世論調査で「中国の浮上などを考え日本との安保協力は必要」が64%、「大統領は対日関係改善に積極的に動くべきだ」が58%を占めたことなどを紹介し、国益のためには名分や原則にこだわらず「日本を活用する」という“用日”でいくべきだと主張している。とすると当然こちらも“用韓”論ということになるだろう。(ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140114/frn1401140701000-n1.htm




 正直な感想を言うと、たった一言「今さら」です。

 これだけ付き合いやすい日本という国家を此処まで怒らせておいて、今さら役に立つから使おうなんて……もうバカかと。
 今まででさえ、ちょっと助ければ三倍にして返す、受けた恩は忘れない、礼儀正しいだけで過去の遺恨を流す……そういうお人好しってのが日本という国家の印象でした。
 実際、核爆弾まで投下したアメ公が、同盟国として信頼されている時点でもうありえないレベルです。
 それもこれも……単純に彼らが戦後、一定の礼儀を守り、一定の恩を与え、一定の手助けをしてくれたから、に他なりません。
 それほどまでに、この日本という国家は付き合いやすい国家です。

 それを怒らせたのは……何処のアホですか。
 放っておけば隣国というだけで親近感を勝手に覚え、勝手に援助を与え、勝手に憧れて好意を向けてくれる。
 そんな金の卵を産むだけの技術大国を、放っておけば恩恵しかない経済大国を、無駄に殴り貶し貶め、ここまで怒らせたのは何処のどいつですか。


 ……もう、今さら取り繕っても遅いのです。
 怒ればとことん。
 親しくなれば全力の恩恵を。

 これが日本の基本理念。

 そして……Jojoっぽく言えば、韓国人はまさに「てめぇは俺を怒らせた」をやらかした阿呆なのですから。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■どの口で……

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


韓国国民の半数以上が「韓日首脳会談の開催に賛成」、政府は生の声に耳を傾けるべきだ―韓国メディア
XINHUA.JP 1月9日(木)19時7分配信

韓国紙・中央日報の中国語版ウェブサイトは9日、日本との首脳会談の開催に韓国国民の半数近くが「賛成」しているとした上で、韓国政府はこうした声に耳を傾けるべきだと報じた。

した世論調査の結果によると、中国の台頭を念頭に、韓日間には安全保障協力が必要だと答えた人は63.9%に上った。「韓日軍事情報保護協定」などの軍事協力については、半数が「必要」と答え、反対は37.3%にとどまっている。

韓日首脳会談の開催については、「賛成」が49.5%、「反対」は40.7%と、「賛成」が上回るという結果に。韓日関係の改善には大統領が積極的に表に出る必要があると考える人も57.8%に上った。調査は安倍首相の靖国参拝の後に行われたものだという。

これを踏まえ、記事は「韓国政府は国民の生の声に耳を傾けるべき。ちょうど日本の経済3団体も7日の記者会見で、安倍首相に韓日関係の改善を促したばかりだ」と訴えた。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000042-xinhua-cn




……あれだけ国を挙げての反日行為をしてて、どの口でほざきやがる。
基本的に助けてほしいなら、相手をまずは助けるべきなのです。

それが分からないから……韓国なんだろうなぁ。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

■開いた口が塞がらぬ。。。

ブログランキング、こちらも始めました。

人気ブログランキングへ
ブログ、作ってみませんか?
こんな私でもFC2なら何とかなってます。。。
ブログ
カウンター


河野談話の欺瞞性さらに 事実上の日韓「合作」証言
2014.1.1 16:30
 証拠資料も日本側の証言者も一切ないまま強制性を認めた河野談話をめぐっては、唯一の根拠となった韓国での元慰安婦16人への聞き取り調査も極めてずさんだったことがすでに判明している。今回、談話の文案にまで韓国側が直接関与した事実上の日韓合作だったことが明らかになり、談話の欺瞞(ぎまん)性はもう隠しようがなくなった。

 そもそも、当時河野談話作成にかかわった当事者らはこれまで、韓国とのやりとりについてどう語っていたか。河野洋平元官房長官は平成9年3月31日付の朝日新聞のインタビューにこう答えている。

 「談話の発表は、事前に韓国外務省に通告したかもしれない。その際、趣旨も伝えたかもしれない。しかし、この問題は韓国とすり合わせるような性格のものではありません」

 河野氏は胸を張るが、政府関係者の証言によると、韓国側はこの言葉とは裏腹に、談話発表の日時にまでたびたび注文をつけていた。当時、宮沢喜一内閣は風前のともしび(談話発表の翌日に総辞職)だったため、談話発表後の実効性を懸念したのだとみられる。

 一方、事務方トップだった石原信雄元官房副長官は同年3月9日付の産経新聞のインタビューで次のように述べていた。

 「談話そのものではないが、趣旨は発表直前に(韓国側に)通告した。草案段階でも、内閣外政審議室は強制性を認めるかなどの焦点については、在日韓国大使館と連絡を取り合って作っていたと思う」

 石原氏の方が比較的実態に近いようだが、実際は趣旨どころか談話の原案も最終案も韓国側に提示し、「添削」すら受けていた。河野、石原両氏は外交の現場の実情を把握していなかったのかもしれないが、結果として国民をミスリードしたことは否めない。

 河野談話は日本の政府見解であるのに、自国民より先に韓国側に通報され、その手が加わって成立した。いまなお韓国が執拗(しつよう)に慰安婦問題で日本を批判しているむなしい現実を思うと、有害無益だったと断じざるを得ない。(阿比留瑠比)


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010116300010-n1.htm




いや、まぁ、捏造だとは知ってましたけどねぇ。
こういう……内閣主導の売国行為だということそのものに、開いた口が塞がらぬと言うか。。。

さて。
問題は捏造が発覚したことではありません。
捏造が何処を主導として行われていたか、ということです。
行政機関の長が内閣である以上、事務次官レベルだと内閣の意向には逆らえません。
それが組織というものです。
ですから、さっさと当時の次官級の方々は当時の河野元官房長官に責任を押し付けて全てを白状してしまえばよいのです。
そうすれば、一匹のスケープゴート……ならぬ責任者一人の追及で、この慰安婦問題が全てねつ造だったという日本国の姿勢を世界中に撃ち出せます。

と言うか、それ以外にこの問題の落としどころはないと思うのですけれど。。。
……いい加減、ここまで捏造の証拠が次々と上がってきている状況です。
朝日新聞と河野洋平が全ての悪で良いんじゃないでしょうか??
あ、韓国は敵国ですから、悪なのは当然としても、ですが。。。


本記事に1クリックの価値くらいは見出せたって方は、ブログランキングよろしくお願いします。
            ↓↓↓↓↓
                

FC2カウンター

blogram

ブログ翻訳

巡回先

ブログ内ランキング

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキング

フリーエリア

メールフォーム

ご意見・ご要望・扱って欲しい時事・政治ネタ等ありましたら、メールを下さい。 善処させて頂きます。。。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。